10キロやせて永久キープするダイエット とは

アイスクリーム 挑戦

私は身長163cm、体重50.6kg、
体脂肪率19.0。

ひきこもりなので、
ほとんど運動をしません。

Kindle本で
『10キロやせて永久キープするダイエット』
(山崎潤子著、文響社)
というものを先日購入しました。

一度読んだだけで
おしまいにしていたのですが、

「本格的にダイエットを行ないたい」
と思い、再び読むことにしました。

1.ダイエットすべき?私のBMI指数

肥満度を表わす指数に
BMIというものがあります。

体重(キロ)÷
[身長(メートル)×身長(メートル)]
です。

18.5~25未満が標準、18.5以下は低体重、
25以上は肥満です。

私のBMI指数は19.0。

この計算だと標準体重と
いうことになります。

しかしお風呂に入る前に鏡を見ると、

お腹が出ているのがわかります。

あと1kgでいい、
とにかくやせたいと思っているのです。

2.やせる法則

やせる法則は以下のとおりです。

摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくする

引用元:同書

私は2021年3月から体重を記録しています。

そのときは51.0kg、体脂肪率21.7でした。

半年間、ほとんど体重に増減がないことに
なります。

そこで、目標を立てました。

2021年中に49kgを目指す。

3.なぜやせない?

スポンサーリンク

厚生労働省による
50~69歳男性で身体活動レベル
「低い」のエネルギー必要量は
2,050kcalとなっています。

参考サイトはこちら

しかし本の中にでてくる「あすけん
というスマホアプリで計算すると、私
の摂取カロリーは1,300kcal前後。

朝食と昼食はパンとカフェオレ、
夕食はごはんです。

間食はたまにします。
(みかんゼリーとかクッキーとか)
お酒は飲みません。

そうなるとやせない理由は
消費カロリーが少ないせいだといえます。

4.本の内容

とりあえず本の目次だけを紹介しますね。

第1章 思えばずっと小太りだった
第2章 真剣に現状分析
第3章 「なりたいイメージ」と
「アクションプラン」
第4章 やっと「ダイエット」が始められる
第5章 これがもっとも重要!
 振り返り、認知する
第6章 停滞期を乗り越え、目標達成!
第7章 永久キープするための考え方

 

よく本やテレビで○○ダイエット、
△△ダイエットと
話題になりますが、

いつのまにか消えていってしまいます。

この本はまず
心理学から考えようということで、
他のダイエット本とは違う視点を
与えてくれます。

あなたもひょっとして
これまでダイエットに挑戦して
くじけてしまったということは
ありませんか?

私は声を大にしていいたい。

なぜあと1kgやせないんだ~。

この本を読み直して、
方法だけでなく考え方から
変えてみせる!

ちなみに以前紹介した
1日30秒でウエストがへこむ
という体操は
全く効果がありませんでした。

世の中そんなに甘くないですよね。

5.本の中で述べられている1か月後の振り返り

この本では、
ダイエットを1か月行なってみて、
自分が作ったプランを振り返ると
述べられています。

私は以前記事で述べたとおり
『60歳からはじめる
寝たきりにならない超簡単筋力づくり』
という運動を行なっています。

これとラジオ体操を継続するのが
第一のプラン。

そして以前購入したKindle本
『はじめてのやせ筋トレ』
(とがわ愛著、KADOKAWA)の運動を
加えることにします。

そして間食はゼロ
(お客さんが来た時は特別に許す)。

6.最後に

実は私、10年前に入院していた頃は
62kgありました。

病院では体を動かさないのに、
食事は高カロリーなものが
でてくるからです。

たとえば昼食に、ラーメンと肉まん。

私は完食する自信がありません。

肉まんだけ食べて、
ラーメンを残します。

夕食のご飯も半分残します。

退院して特にダイエットを
意識したことはありません。

摂取カロリーが減って
自然にやせたのでしょう。

ちなみのこの本の著者は
1年半で9kgやせたそうです。

短期間でやせるのではなく、
数か月、一年と長期的な取り組みを
勧めています。

ああそうだ、今思ったのですが、
朝食を抜く「プチ断食」も
やってみようかな。

お互い、うまくいくと
いいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました