2月23日は何の日? 祝日は2020から? 歴代の天皇誕生日

02月

2月について調べていくうちに、「2月23日は何の日?祝日?」という質問に出合いました。そう、皇太子殿下の誕生日だったのですね。

この記事では、2020年2月23日「天皇誕生日」と、歴代の天皇誕生日について述べます。ついでに、2019年の祝日一覧も掲載しておきます。

1.2月23日は何の日

2月23日は、皇太子殿下の誕生日です。

ゆくゆくは2月23日が天皇誕生日という祝日になるわけです。

2019年4月30日に今上天皇が退位し、翌5月1日に皇太子殿下が天皇に即位することが定められています。

このため、2018年12月23日は「天皇誕生日」で祝日ですが、2019年12月23日は「天皇誕生日」ではありません。

2019年は「天皇誕生日」という祝日がないのです。

父さん
父さん

すると年間の祝日が一日減るわけだな

 

母さん
母さん

そのとおりですね

 

2020年2月23日が「天皇誕生日」として祝日になります。

2.歴代の天皇誕生日

2-1.昭和天皇の誕生日

昭和天皇の誕生日は、4月29日で、「昭和の日」として祝日になっています。

一般論としては、天皇誕生日はもとの天皇が変わると祝日でなくなるといえますから、4月29日が祝日となっているのは極めて特例です。

2-2.大正天皇の誕生日

大正天皇の誕生日は、8月31日で、祝日ではありません。

ちなみに大正天皇の在位中は、天長節として祝日だったそうです。

2-3.明治天皇の誕生日

明治天皇の誕生日は、11月3日で、祝日となっています。

これは文化の日と重なったためで、天皇誕生日の祝日としての意味ではないと説明されていました。

文化の日とは日本国憲法の公布日(1946年11月3日)を記念したもので、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日とされています。

ところが調べていくうちに意外な事実に出くわしました。

11月3日は、かつて(1927(昭和2)年から1947(昭和22)年まで)明治天皇の誕生日として明治節(めいじせつ)という祝日でした。

翌1948(昭和23)年から「文化の日」と定められ、祝日となりました。

明治節は、当時のGHQの意向で、天皇制に関するさまざまな事柄をなくしていこうとされたため、廃止されることになりました。

しかしどうしても明治節を残したいという日本側の意向から、わざわざ明治節の日を日本国憲法の公布日として選び、祝日としたというのです。

これはとあるサイトに書いてあった事柄なので、ウラをとった情報ではありません。

3.祝日の一覧

年間の祝日日数は16日(天皇誕生日がある場合)あります。

休日の数は、祝日が土日と重なる振り替え休日の関係で、年によって変わります。

2019年の祝日は以下のとおりです。

  • 1月1日 元日
  • 1月14日 成人の日
  • 2月11日 建国記念の日
  • 3月21日 春分の日
  • 4月29日 昭和の日
  • 5月3日 憲法記念日
  • 5月4日 みどりの日
  • 5月5日 こどもの日
  • 7月15日 海の日
  • 8月11日 山の日
  • 9月16日 敬老の日
  • 9月23日 秋分の日
  • 10月14日 体育の日
  • 11月3日 文化の日
  • 11月23日 勤労感謝の日

4.まとめ

私はどうも「ハッピーマンデー」というのが苦手です。祝日はその日に決められた意味があったのに、連休のために動かすというのがピンとこないのです。

今上天皇の誕生日、12月23日を祝日とすることも検討されたようです。

しかし、12月23日が祝日にならず、2月23日が祝日になったのは、やはり天皇誕生日という祝日は、その年の天皇の誕生日だけ、という原則が貫かれたかたちです。

以上、2月23日は何の日? 祝日?という質問から、今上天皇退位と皇太子殿下即位にあたっての、天皇誕生日について説明してきました。

これを機に、祝日の意味を考えてみるのもいいでしょう。

2020年2月23日は天皇誕生日で祝日

昨日、noteに音声をアップしました。「13.腎マッサージについて」です。

ヒロハッピー|note
うつ病8年、その後統合失調症8年闘病中。

○今日の名言

未来は美しい夢を
信じる人のためにあります。
(エレノア・ルーズベルト フランクリン・ルーズベルトの夫人)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

02月
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!