50代で入れ歯の人の率は?入れ歯にして4か月たった感想

50代入れ歯 お役立ち・豆知識

子どもの頃、虫歯になって、歯医者さんのお世話になった方も多いと思います。

さて、高齢になると気になるのが入れ歯。筆者は59歳ですが、4か月ほど前に入れ歯を入れました。

50代で入れ歯をしている人の率はどれくらいでしょうか。

1.50代で入れ歯をしている人の率

50代で入れ歯をしている人の率は、50%を超えます
参考 厚生労働省 

私は正直そこまでとは思っていなかったので、驚きました。

2年前に記事にしましたが、私は親知らずを抜き、その手前の奥歯も抜きました。

その時点では何も処置をしなかったのですが、今年の3月になり、「下の奥歯を抜いたままにしておくと、上の歯が伸びてきてしまう。それを押さえるために、下の奥歯にあたるところに入れ歯を入れましょう」という話になりました。

2.59歳で入れ歯を入れることになった

私は59歳になって、生まれて初めて入れ歯というものを作ることになりました。

型をとったのが2021年の3月1日、実際にできあがったのが3月11日です。

写真のような入れ歯です。手前の針金の部分を今ある歯(2本)にかぶせています。

3.気になる治療費は

気になる治療費ですが、3割負担で、3月1日に払ったのが2,280円、3月11日に払ったのが3,960円と、合わせて6,240円でした。

相場が不明なので、高いのか安いのかはわかりませんが、まあ、安くはないですね。

トモ
トモ

妻から「家計費で出してあげるよ」といわれました

4.毎晩のお手入れ

スポンサーリンク

そして毎晩夕食後に入れ歯をはずし、ぬるま湯を入れたプラスチックのコップに「入れ歯洗浄剤ポリデント部分入れ歯用」をひとつ入れて、そのあと入れ歯を入れてフタをしておきます。

入れ歯を外した状態で歯を磨きます。

入れ歯を取り付ける際は4か月経った今でも「あ、針金があたるな」と感じますが、ふだんの生活をしていて、痛みがあるとか、違和感があるとかということはありません。

ただやっかいなのが昼食をとったときにも食べかすがはさまってしまうことです。

しかたなく入れ歯をはずして、水で洗い、同時に口をゆすぎます。

4か月たって感触が変わったということはないですね。

トモ
トモ

これが歳をとるということなんですね

5.最後に

よくよく思い出してみると、その歯医者さんに行ったのは歯の詰め物がとれたからでした。

それが抜歯→入れ歯と展開するとは。

その後も2か月に1度、歯医者さんに通っています。

「どうですか調子は」と聞かれるので、「特に具合が悪いということはありません」と答えます。

そして歯全体のクリーニングをします。歯を削られるというのはイヤですね。

私は音楽を思い浮かべたりお経を思い浮かべたりして過ごすのですが、どうしてもつばを飲み込みたくなり、途中で手をあげてしまうこともしばしばあります。

そしてよく2年も通っているなと思います。

普通の歯医者さんは歯を治してしまえばそれで終わりですが、私の選んだ歯医者さんは定期的にクリーニングをする方針のようなので、終わるということがありません。

面倒ですが「もう来ません」という勇気もないですし。また状況に変化があればブログで報告します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました