平安時代の占い 最強の陰陽師(おんみょうじ)安倍晴明

五芒星 占い一般

この記事では、陰陽師(おんみょうじ)の安倍晴明(あべの・せいめい)について説明します。

平成初期の10年間(1990~2000年)、陰陽道というものがはやりましたので、あなたも覚えているかもしれません。

陰陽師占いサイトについてもお伝えしますよ。

1. 安倍晴明という人物

安倍晴明は、父・安倍保名(あべのやすな)と 「葛(くず)の葉」という女性に化けた 白いきつねとのあいだに生まれたとされています。

本当に実在した人物なのでしょうか。

Wikipediaで調べると、西暦921年2月21日から1005年10月31日まで生存していました。

母親がきつねだというのは伝説なんですね。

父親については、安倍保名のほかに、安倍益材(あべのますき)または安倍春材(あべのはるき)だったという説があります。

2. 陰陽道とは

安倍晴明は、陰陽師(おんみょうじ)の 賀茂忠行(かものただゆき)から 陰陽道(おんみょうどう)の 指導を受けたとされています。

陰陽道とは呪術や占術の一種といわれていますが、晴明が学んだのは天文道(てんもんどう)だったようです。

陰陽道の呪術では、九字護身法が有名です。「臨、兵、闘、者、皆、陣、烈、在、前」という九字の言葉を唱えるものです。

天文道では、

星や惑星の異常な輝き、(略)日食、月食(略)などふだんではみられない異変について記し、中国伝来の天文占(てんもんせん)を利用して、どのようなできごとの前ぶれなのかを記すものだ、といわれています

出典:『日本の占い・まじない図鑑1』

日食・月食には特別な意味があるとされたのですね。

安倍晴明が生きていたころの日食は西暦975年8月10日に起こったとのことです。

現在に話をうつしますが、2012年5月21日に日食が起きています。

私はこの日、外へ出て観察したことを覚えています。

国立天文台三鷹 金環日食映像
出典:YouTube

3. 陰陽道の十二直

陰陽道の十二直(じゅうにちょく)は現在の暦にも含まれています。

列挙すると、建つ、除く、満つ、平(たいら)、定ん(さだん)、執る、破る、危ぶ、成る、納ん(おさん)、開く、閉づ(とづ)です。

たとえば今日2019年8月10日は「危ぶ(あやぶ)」で、何事も控えめに慎むべきだとされています。

参考:平成31年神宮館運勢暦

4. 安倍晴明 陰陽師占い

お待たせしました。ウェブサイトで、「安倍晴明 陰陽師占い」というものを見つけてしまいました。

一番最後にリンクをのせておきますね。

ではさっそく私のことを占ってみましょう。

ヒロハッピーさんの課式、隠れた性格、人生と健康、職業と適性、恋愛と結婚、相性占いが出てきます。

向いている職業、「公務員」って、私は病気をする前は公務員だったんですよ!

長所:多彩な才能・向上心旺盛・集中力抜群・リーダシップ・優れた直観力。
短所:器用貧乏・不安定な感情・子どもっぽい・尊大・問題や悩みを抱え込む。

長所で「多彩な才能」なんてうれしいじゃありませんか。

父さん
父さん

占いでいいことがでるとうれしいな

母さん
母さん

いいことは信じるタイプですね

5. まとめ

以上、平安時代に流行した陰陽道、陰陽師の安倍晴明について説明してきました。

昔は占い師が官職についていたのですね。

それだけ占いが重視されたということです。

ポイント

  • 安倍晴明は実在の人物
  • 陰陽道のうち占星術を得意とした

安倍晴明陰陽師占いのサイトはこちら

参考

3000円のメール占いをたった700円で実現した私のお得技
1. 私はメール占いを選びました 2. 2500円無料は電話占いだけ 3. 基本操作を覚えて1000円分無料とは 4. 支払い方法 5. 占うことのできない事項がある 6. 鑑定の結果が送られてきた 7. 占ってもらった感想 8. まとめ

(アイキャッチ画像:はないちもんめさんによる写真ACからの写真)

占い一般
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!