全身の痛み&12時間睡眠

症状

昨日の午後、全身に痛みを感じました。

1.身体症状をともなううつ

私が、かつてうつ病だったとき、セカンドオピニオンで、大学病院の診察を受けました。

そのときの病名は「身体症状をともなううつ」でした。

昨日の午後はからだじゅうが痛く、じっとしていられなかったのです。

リビングに横になり、ごろごろころげまわります。
うつ病で入院する前の症状と同じです。

抗不安薬を2回飲みましたが、効果がでない。

以前入院したときは、もっと症状がひどく、がまんできませんでした。
夜中に妻を起こして、救急車を呼んでもらうように頼みました。

そのとき私は、心療内科にかかっていたのですが、当直の医師が、「この人は内科的には悪くない。精神科に行かなくてはだめだ」といいました。

そのまま救急車で、精神科へ運ばれました。

2.入院はいやだ

私は二度と入院したくありません。
救急車で運ばれるとき、救急隊員の方が、「苦しくなったら深呼吸して。そういえば救急隊員がこんなことをいっていたな、と思い出して」といいました。

私はそれにならって深呼吸をします。
なかなか症状が落ち着きません。

とにかく早く寝ようと、夕食を早めに食べました。食欲がなく、おかずを半分以上残しました。
そして入浴。18時半、家に帰ってきた妻に「今日具合悪いから早く寝る」といって、19時に布団に入りました。

しばらくして眠りに落ち、午前4時に一度目を覚ましましたが、午前7時まで眠りました。
12時間睡眠です。

3.泣き面に蜂

そして今朝、目が覚めました。全身の痛みはなくなりました。ただ、だるさが残っています。

今日はおとなしく家にいよう、と決めました。

ところが、そんな日に限って「メルカリ」から「本が1冊売れました」との連絡が。

朝9時、郵便局へ一番で向かいます。

なにもこんな具合の悪い日に限って注文があるなんてあんまりです。

これを「泣き面に蜂」といいます。

コンビニへ行って、いつも飲む「アリナミン7」ではなく、値段の高い「アリナミンV」を買って飲みました。

4.まとめ

思い当たるふしがあります。
かつて入院していたときの日記を読んだのです。それのPTSDではないでしょうか。

繰り返しになりますが、入院だけは勘弁してほしいです。
気をしっかり持って、「必ず治る」と言い聞かせます。

○今日の名言

我々の性格は、
我々の行動の結果なり。
(アリストテレス)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

症状
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!