Amazonほしい物リストからニックネームで送る(プレゼント)方法はこれだ!

プレゼント 一般

あなたもご存じでしょうが、
Amazonには「ほしい物リスト」と
いう機能があります。

文字通り自分のほしい物を
リストアップしておくものです。

そして、ほしい物リストを
作っておくと、別の人から
そこに載っている商品を
プレゼントしてもらうことが
できるのですね。

たとえば寄付をしたり、
ブロガーさんを応援したり
する場合に使えます。

でもこんな疑問をもった
ことはないでしょうか。

シントモ
シントモ

ほしい物リストからプレゼントしたら、送る側の本名はバレないの?

今日はまずリスト設定側の
作業を述べて、
その後送る側の手順について
答えていきます。

1.Amazonほしい物リストの作り方

知ってるひとは飛ばしてください。

まずはAmazonほしい物リストの
作成方法です。

図はパソコン版です。

まずAmazon右上の
「アカウント&リスト」を
クリックします。

「新しいリストを作成」を
クリックします。

次にリストの名前を入力します。

自分のほしい物のページに行き、
「リストに追加」を選びます。

このときプルダウンメニューを
開かずにただボタンを押して
しまうと新しいリストが
できてしまいますので、

▼を押して自分のリストを
指定します。

2.お届け先住所の設定

まず自分のリストの右側に
ある3つの点から、
「リストの設定」を選びます。

ここで受取人が本名で入って
いますが、変更したい場合は
入力します。

そして住所の設定です。

自分の本名が相手にわかって
よいのなら、
「お届け先住所」→
「登録しない」を押して
選択します。

名前をニックネームに
するには「新規作成する」から
名前の欄に入力して新しく
住所を入力します。
「変更を保存」をクリック。

3.リンクの共有

スポンサーリンク

ほしい物リストを見られる
人の範囲を設定します。

さきひどの3つの点の左側にある
「リンクの共有」を開きます。

「リストに他のユーザーを招待」
と出てきます。

「表示のみ」ボタンを押します。

「リンクのコピー」という項目が
出ますので、メモ帳などに
保存しておきます。

4.送る側の作業

ようやく送る側の作業と
なりました。

まずは送る側の住所の設定です。

「アカウントサービス」から
「アドレス帳」を選びます。

「新しい住所を追加」を
選択します。

入力内容は都道府県と
市町村までで大丈夫です。

名前をニックネームにしましょう。

そして共有リンクから相手の
「ほしい物リスト」に
アクセスします。

送りたい商品を選びます。

「カートに入れる」→
「レジに進む」と押していきます。

住所が表示されますので、
「この住所に届ける」を
クリックします。

続いて支払方法の選択です。

ここで身バレしないように
するためには、
クレジットカード以外の
支払方法を選ぶとよい、という説と、

クレジットカードでも大丈夫、
という説に分かれます。

心配ならAmazonギフト券を
利用しましょう。

Eメールタイプを選べば、

コンビニなどに行かなくても
入手することができます。

「注文の確定」で手続き完了です。

5.最後に

この「ほしい物リスト」を
活用して商品を送る場合は、
送ったことをたとえば
Twitterなどで相手に
明らかにしておきましょう。

無言のまま送りつけると、
なんらかの悪徳商法ではないかと
疑われ、受け取り拒否と
いうことにもなりかねない
からです。

本日の記事は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました