折り紙で七夕の飾りを あみ飾りの作り方

07月

七夕ではいろいろな飾り付けをしますよね。今日はその中でも「あみ飾り」の作り方について説明します。

1. 七夕の飾り、あみ飾り

さっそく図解で説明しましょう。用意するものは折り紙とハサミです。

まず、折り紙を三角形になるように半分に折ります。

さらに半分になるように折ります。

もう一度半分になるように折ります。

そして、折り紙の一辺をもう一辺に重ねるように折ります。

線にそって切り込みを入れます。大体7~8mm間隔で切るとよいでしょう。

切り落としてしまわないように注意します。

私は一度切り落としてしまいました。

小さな子どもさんと作る場合には、ご両親が切り込みを入れてあげるとよいでしょう。

続いて今入れた切り込みと互い違いになるように、反対側から切り込みを入れていきます。

切り込みを入れたら、破いてしまわないように注意しながら開いていきます。

さらに開きます。

そして完全に開いたら、頂点のところを引っ張り、あみを広げていきます。

これで完成です。詳しくは動画がありますので、そちらを参考にしてください。

2. あみ飾りの由来

七夕の飾り付けの中で、「あみ飾り」の由来を知っていますか。

これは、天の川のさざなみを表していると思った人はいませんか?

実は、これは魚を捕る網を表しているそうです。大漁を願って、網を飾ったそうです。

3. 七夕の飾りはいつからいつまで?

では、七夕の飾り付けはいつからいつまで行なえばよいのでしょうか。

幼稚園や保育園などでは、7月7日の一週間くらい前からというところが多いそうです。

しかし、七夕飾りは、7月6日の夜に飾り、7月7日の夜には片付けてしまう、というのが本来のやり方です。

でも、これですとちょっと寂しいですよね。

ですので、7月6日より前に準備だけして、飾り物を並べておき、7月6日に飾るようにしてはどうでしょうか。

4. 七夕の笹はどうやって手に入れる?

さて、ご家庭で七夕飾りをしたい時に、笹はどのようにして手に入れたらいいのでしょうか。これは、通販ということになります。

笹ホンモノも、プラスチックのものも、買うのはいいんですが、後の処分に困りますよね。

子どもさんが小さいうちに買っておき、数年使うというのもあるかもしれません。

それでもいずれ処分するわけですから、小さく切って家庭ゴミとして出すということになりそうです。

父さん
父さん

クリスマスの時にも言ったけど、模造紙を買ってきて笹の絵をかくという手もあるぞ

母さん
母さん

それなら処分するのも簡単ですね

5. 七夕の由来をわかりやすく

七夕の由来は、有名な織姫・彦星説の他、日本の伝統行事に由来しているという説、中国に由来しているという説があります。

ここでは代表的な織姫と彦星のお話について説明します。

なんと、織姫は天の神様の娘だったのですね。

織姫は、その名のとおり、織物が得意でした。

毎日毎日一生懸命はたを織る姿を見て、天の神様は誰か結婚相手を見つけてあげようと考えました。

そして見つけたのが牛飼いの彦星です。

そして二人はめでたく結婚するのですが、結婚して以来、仕事をやめてしまいます。

織物はできず、牛はやせ細っていくばかりです。

仕事をしない二人に腹を立てた天の神様は、織姫を西に、彦星を東に、天の川で隔てて引き離し、二人は会えなくなりました。

織姫と彦星って、恋人ではなく、夫婦だったのですね。

二人は嘆き悲しみ、仕事を始めませんでしたが、「もし仕事を始めたら7月7日の夜だけ会えるようにしてやる」という天の神様の一言で、二人は熱心に働き始めたということです。

6. まとめ

以上、折り紙で作る七夕飾りの「あみ飾り」の折り方についてと、七夕にまつわる話題について述べてきました。

織姫と彦星は夫婦なのに、一年に一度しか会えないのです。これはちょっと厳しすぎるのではないでしょうか。

せめて、二人は真面目に働くようになり、毎日会えるようになりました、というお話の方がいいように思えます。

逆に考えれば、仕事をさぼってはいけないという教訓ですね。

子どもさんと一緒に七夕の飾り付けをしよう

人気ブログランキングはこちら

(アイキャッチ画像:ナンバーさんによる写真ACからの写真)

07月
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!