ASEAN加盟国の覚え方 日本の貿易総額の15%を占める協力機構

お役立ち・豆知識

この記事では、ASEAN加盟国の覚え方について紹介します。受験生の皆さんはもちろん、大人になっても一般常識として備えておきたいですよね。
ASEAN加盟国の覚え方は、語呂合わせで行なうことができますよ。

1.ASEAN加盟国の覚え方

ASEANとは「東南アジア諸国連合」の略。
インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシアの5カ国により結成(1967年)。ブルネイ(1984年)、ベトナム(1995年)、ミャンマー(1997年)、ラオス(1997年)、カンボジア(1999年)が追加加盟。

1-1.語呂合わせ1

いましたいフィリピン(原加盟国)

い……インドネシア

ま……マレーシア

し……シンガポール

たい……タイ

フィリピン

ブルブルべとべとかんづめ

ブル……ブルネイ

べと……ベトナム

ミ……ミャンマー

ラ……ラオス

かん……カンボジア

1-2.語呂合わせ2

前半は同じ

ブルーなベトナムいはカンボ

ブル……ブルネイ

ベトナム

ミ……ミャンマー

ラ……ラオス

カンボ……カンボジア

2.ASEAN加盟国と日本との関係

日本はASEANに加盟していません。しかし、ASEAN+3(3とは日本、中国、韓国)という会合がもたれています。

日本とASEANの貿易総額は23兆円(2017)にのぼり、日本の貿易総額の15%を占めています。

また、ASEAN諸国に駐在する日本人は19万人を超えています。

ちなみに、全輸入額を100とした場合のASEANが占める割合は以下のとおりです。

  • バナナ81%
  • エビ48%
  • 天然ゴム99.7%
  • 合板78%
  • 電子レンジ46%

ASEANPEDIAから引用

3.拡大する中国・インド・ASEANの市場

ASEANの加盟国であるシンガポールは、中国・インド・ASEANの市場を相手にしています。

シンガポールにいるビジネスリーダーたちは、GDPでは日本の3倍近くにまで成長した13億人の中国経済や、購買力平価ベースGDPで日本を超えた12億人経済のインド、こちらも購買力ベースでは日本に匹敵する6億人経済ASEANを相手にしているのだ。

現代ビジネスより引用

ASEANの人口は上記のとおり、6億人を超えています。いかに大規模な市場かがわかります。

4.最近の動き

2018年10月16日・17日に、「日・ASEANサイバーセキュリティ政策会議」が東京において開催されました。

貿易の拡大とともに情報管理体制の確立が求められています。

会議では、サイバーインシデント(情報流出、フィッシングサイト、不正侵入、Webサイト改ざんなど)発生時の対処体制の強化などについて話し合われました。

経済産業省のサイトを参考

5.まとめ

以上、「ASEAN加盟国の覚え方」とASEANの現状について説明してきました。いかに日本とASEANが深い絆で結ばれているかがわかったと思います。

電子レンジの約半分がASEANから輸入しているものだとは、まったく知りませんでした。

語呂合わせでASEAN加盟国を覚えよう

○今日の名言

偉業は一時的な衝動でなされるものではなく、
小さなことの積み重ねによって
成し遂げられるのだ。
(ゴッホ)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

お役立ち・豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!