パソコンのブルーライトカット設定 windows10&目の疲れをとる

一般

あなたは、長時間パソコンを見て、目が疲れるといった経験はないでしょうか。

パソコンの画面からはブルーライトというものが出ています。

これをカットする設定を、Windows10で行なってみました。

1.パソコンでブルーライトをカットする設定

パソコンでブルーライトをカットする設定には2つ方法があります。

1つ目は「夜間モード」というものです。

さっそくやってみましょう。左下のウインドウズマークをクリックします。

すると歯車のマークがでてくるので、そこをクリックして、「設定」の画面にします。

「システム」をクリックします。

システム 夜間モードと書かれたところをクリックします。

すると夜間モードの設定画面になります。

スライドバーで設定するのですが、真ん中から少し左にいったところにします。

数値は45くらいでいいでしょう。

実験する時間に合わせて夜間モードを適用してみます。

夜間モードを「今すぐオフにする」というボタンを押すと、夜間モードと通常モードの違いが一目でわかります。

2.ブルーライトカットをディスプレイの設定から行なう方法

2つ目は、ブルーライトをカットするディスプレイの設定です。

まずデスクトップ画面の何もないところで右クリックします。

「インテル グラフィックスの設定」を選択します。

続いて一番左の「ディスプレイ」を選びます。

左のサイドバーのメニューから「色設定」を選びます。

「青」を選んで左方向にスライドし、20くらいのところに合わせます。

同様に「赤」を選んで明るさをプラス5くらいのところに合わせます。

そうしたら、右下の「適用」ボタンを押します。

3.画面全体の明るさを調節する

スポンサーリンク

それから、画面全体を暗くしておきます。

私のはノートパソコンのため、FnキーとF8キーを押すことで暗くできます。

気持ちの問題ですが明るさを10くらいにさげてもいいでしょう。

4.そもそもなぜブルーライトカット設定をするのか

さて、私はなぜブルーライトをカットしたのでしょうか。

それは、一日中パソコンを見ているからです。

そしてネットビジネスに関係する動画をみているのですが、マインドマップが表示され、それにそった説明がなされています。

このマインドマップの字がめちゃくちゃ小さい。

若い人にはいいのかもしれませんが、58歳、老眼の私には応えます。

ときどきどうしても字が判別できないときは、メガネをとってディスプレイに顔を近づけて文字を読んでいます。

適度の休憩時間をいれればよいのでしょうが、集中しているため、休憩をとらずに作業を続けています。

これからは1時間に1回くらい休憩をとりたいと思います。

5.目の疲れに蒸しタオル

ヤフー知恵袋で、「目が疲れたときは冷やしたほうがいいですか、温めたほうがいいですか」という質問がありました。

それへの回答は「ホットアイマスクというのがあるくらいですから、温めたほうがいいでしょう」というものでした。

あなたも聞いたことがあるでしょう。

目の疲れをとるために、電子レンジで蒸しタオルを作ればよいと。

しかし実際にどうやって作るのか知らない方もいると思います。

そこで、電子レンジで蒸しタオルを作る方法を調べてみました。

用意する物はタオルとジップロックです。

まずタオルを濡らします。

このとき固く絞るのではなく、水がべちゃべちゃになる程度に軽く絞ります。

そしてこのタオルをジップロックに入れて、袋の口を少し開いておきます。

電子レンジの600wで1分。蒸しタオルのできあがりです。

6.蒸しタオルは目の疲れをとるのにバツグン

さっそく私も挑戦してみました。

600w、1分で熱すぎるということはありませんでした。

ただ「水がべちゃべちゃになる程度」と書いてあったので、軽く絞った状態で電子レンジにいれたところ、袋から出すときに水がしたたり落ちてしまいました。

こんなことがありますので、ジップロックの袋を開けるのは洗面台でするとよいでしょう。

そして冷ます必要もほとんどありませんでした。

さっそく横になり、蒸しタオルを目に当ててみました。

スマホのストップウォッチで測るとだいたい5分くらいで冷めてしまうようです。

しかしこの蒸しタオルの快感には大満足でした。

本当に目のまわりがすっきりとしたのです。

なぜ今までやらなかったのかと後悔したほどです。

父さん
父さん

どうやらやみつきになりそうだな

 

 

母さん
母さん

手軽にできますものね

7.まとめ

以上、目の疲れをとるために、パソコンのブルーライトをカットする方法と、電子レンジで蒸しタオルを作る方法を説明してきました。

パソコンの設定(ハード)と蒸しタオル(ソフト)の両面から対策を取ることによって、快適なパソコンライフを送ることができそうです。

・パソコンのブルーライトカットには2種類ある
・電子レンジの蒸しタオルはトライする価値あり

ブログランキングに登録しました。1日1回、ぽちっと応援よろしくお願いします。


備忘録・雑記ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました