チャットで占いなしで報酬を取られた件~メイド喫茶と同じだよね

チャット 一般

3日後に、占い師の女性とチャットする約束をしたのですが、落ち着いて考えれば、申し込まなければよかったなと思いました。無料ではなく、有料なんです。

先日の記事で書いたスタンドエフエムで知り合ったのです。

1.はじめに 占い師の女性とのチャット

この間、スタンドエフエムを聞いていて、女性の占い師さんと出会いました。

その方は、占いをやっているのですが、「雑談30分 1,000円」というサービスを提供しています。

私はふらふら~と引き寄せられ、その30分の雑談コースに申し込んでしまいました。

これが男性の占い師さんだったら決して申し込まなかったでしょう。

世の女性の皆さん、時間があるなら「雑談」というサービスを提供しましょう。

Twitterやスタンドエフエムで募集するもよし、支払いは名前がばれちゃうけど銀行振込にすれば、いますぐにでも始められます。

Skypeよし、chatworkよし、zoomよし。

顔出しなしの音声通話なら、抵抗感もありませんよね。

ココナラについては後ほど述べます。

2.これってメイド喫茶と同じだよね

忘れもしない15年前、2006年。私は秋葉原のメイド喫茶にかよいました。

うつ病だった私が、なぜ秋葉原まで行くことができたのか、今となっては不思議です。

ちょっと調べたら今でもメイド喫茶ってあるんですね。

メイドの格好をした店員さんが、「お帰りなさいませ、ご主人様」と迎えてくれます。

で、何回かかよって仲良くなるとチェキで写真を撮ってくれたりもします。

お店によっては有料でプリクラを撮ってくれるところもあります。

それで思ったのですが、冒頭に述べた「女性との雑談」というサービス。

30分で1000円収入になるんですよ。

これって「女性」ということを武器にしていますよね。

男性はコロッといっちゃう。

メイド喫茶も、普通にコーヒーを飲みたいなら喫茶店にいけばいい。

ただ目を楽しませるだけにわざわざメイド喫茶に行くのですね。

私が行ったお店は、1時間を超過すると、追加の飲み物か食べ物を注文しなければいけない、というルールでした。

こちらがいい歳をしたおじさんでも、営業スマイルで迎えてくれる。

たとえば店員さんが「自分の写真を撮ったんですよ。3枚500円で買ってくれませんか」と言う。

こちらはお大尽になったつもりで、「ああ、いいよ。買うよ」となってしまうわけです。

普通なら考えられませんよね、そんなお金の使い方。

「雑談30分で1000円」というのも冷静になって考えれば申し込まないサービスです。

3.お金を使うということ

お金を使うのは本当に簡単です。

たとえばあなたが副業を始めようとして、転売でもいい、アフィリエイトでもいいですが、お手本となる情報教材を買うとします。

だいたい2~3万円します。

セールスレター(商品の説明が書いてある縦に長いページ)には、成功者の声がたくさん載っています。

「これならひょっとして私でも稼げるかも」と思い、その教材を購入します。

そして忙しい日々の合間を縫って、副業に取り組んだとします。

しかし簡単には儲かりません。それはそうです。

アフィリエイトで稼いでいる人はもう何年も前から取り組んでいます。

専業、法人化してやっているのですから、個人の副業が勝てる見込みがありません。

私は以前複数のメルマガを取っていました。

アフィリエイトの教材が値上げする、と発表されると多くのメルマガ発行者が一斉に宣伝に出てきます。

値上げ前が一番売れやすいからです。

ヒドイ人になるとあと一日、あと12時間、あと6時間と一日に何通もメルマガを送ってきます。こっけいにすら見えてきます。

4.お金を稼ぐということ

お金を稼ぐには、やはりうまくいっているひとのマネから入ることでしょう。

冒頭に女性との雑談について述べました。

たとえばココナラというサービス提供サイトがあります。

「悩み相談・カウンセリング」というカテゴリーの中に「愚痴聞き・話し相手」というものがあります。

電話で1分100円というサービス(10分で1000円!)が数百件、数千件という単位で売れています。

あなたがアニメ声の女性、イケメンボイスの男性(声だけ魅力があるということ。顔はださないのでどこかのフリー画像サイトから拾ってくればいい)なら、こういったサービスもいいですね。

(しかし私が以前、「統合失調症の方お話しを聞きます」というサービスを提供したところ、1件しかお客さんがつきませんでした)

メルカリはあなたもご存じでしょう。

ではメルカリで「トイレットペーパーの芯」や「ヤマザキ春のパン祭りのシール」が売られていることを知っていますか。

こういう情報はいろいろなところでアンテナを立てて、仕入れるしかありません。

5.まとめ

以上、私が今後予定している「占い師女性との雑談」という話でした。

まさか、その女性占い師さん、このブログを読んでいないでしょうね。

貴重なお時間を割いてお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました