江戸時代の占いの歴史にはこんなものがあった!あんな人も

書籍(占い)

今日ご紹介する本は、日本の江戸時代の占いについてのものです。

本のタイトルは『みたい!しりたい!しらべたい!日本の占い・まじない図鑑2 人びとの幸せをかなえる占い・まじない』です。

1. 本の紹介

この『日本の占い・まじない図鑑』は全3巻です。

オールカラーで、児童向けのものです。

大型本で、30ページしかないのに値段は2,800円。

ちょっと気軽に買うには抵抗がありますね。

タイトルだけ見て、あわててネット通販で買わないでください。

「占いの歴史が好き」という人は、愛蔵版という意味で、購入してもいいでしょう。

しかし、内容を知りたいだけなら、図書館から借りてくることをおすすめします。

2. 浮世絵の登場

あなたも浮世絵というものを見たことがあるでしょう。

江戸時代に入り、人々の暮らしが安定してきました。

それまで特権階級だけが芸術文化の担い手でしたが、江戸時代は、町人がはじめて文化というものにふれることになったのです。

江戸時代初期、浮世絵の元祖と呼ばれたのが、菱川師宣(ひしかわ・もろのぶ)です。

ほかにも有名な浮世絵師の名前をあげます。

東洲斎写楽(とうしゅうさい・しゃらく)、歌川広重(うたがわ・ひろしげ)、葛飾北斎(かつしか・ほくさい)です。

参考:日本文化の入り口マガジン和楽

3. 浮世絵と辻占煎餅

さて、占いがテーマなのに、なぜ浮世絵を紹介したのかを説明します。

浮世絵の題材のひとつに、歌舞伎役者があります。

この歌舞伎役者の浮世絵に、占い文句を書いた紙片がついていました。

その浮世絵と占いのセットが「辻占煎餅(つじうらせんべい)」といって、煎餅と一緒に売られたそうです。

浮世絵は当時いくらくらいしたのでしょう。

これについては、現在の価値に直して数百円から数千円だという説があります。

庶民がちょくちょく買える値段ではありませんね。

スポンサーリンク

4. 辻占菓子の登場

この辻占が、駄菓子についた「辻占菓子」というものが販売されるようになりました。

辻占菓子は明治時代になってからも売られていたそうです。

石川啄木(1886(明治19)年2月20日生まれ、1912(明治45)年4月13日没)が、1908(明治41)年8月の日記に、「友達と一緒に寺院の前で辻占菓子を買った」と記しているとのことです。

石川啄木というと「はたらけどはたらけど猶(なお)わが生活(くらし)楽にならざりぢっと手を見る」という歌が思い起こされます。

あ、あなた、今自分の手を見たでしょう?スミマセン。占いから話題がそれました。

5. 辻占菓子は今でも購入できる

辻占菓子は、なんと現在でも購入できるのです。

ただしお正月限定の商品です。

そのせいか、アマゾン、楽天ともに7月現在取り扱っていませんでした。

そこで探し出したのが「諸江屋」というお店。

辻占菓子の販売期間は11月26日から1月上旬までということです。

父さん
父さん

一度でいいから辻占菓子を食べてみたいな

母さん
母さん

父さんは甘いもの好きですからね

6. 江戸時代の天気占い

江戸時代には、天気占いというものがあったそうです。

これは、たとえば「ツバメが低く飛んだら雨が降る」というようなものです。

これは科学的根拠のあることなのです。

ツバメは、小さな虫を食べます。その虫は、低気圧が近づいて湿度が高くなると羽が重くなり、高く飛べなくなります。そのため、虫を食べるツバメも低く飛ぶ、というわけです。

参考 月刊SORA2016年4月号※現在は休刊

そのほかにも、こんな天気占いがありました。
「カラスが水浴びすると雨が降る」
「猫が草をかむと雨が降る」
「犬が草をかむと晴れになる」
これらの事柄に科学的根拠があるかどうかは不明でした。

7.まとめ

以上、江戸時代の占いの歴史についてみてきました。江戸時代には、道ばたに「易者さん」がいたそうですよ。

ポイント

  • 浮世絵と一緒に辻占煎餅が売られた
  • 辻占菓子が庶民に人気だった
  • 辻占菓子は現在でも購入できる

参考

【驚き】日本の占いについて歴史の本を読んでみた感想
1. 『日本の占い・まじない図鑑』 2. 縄文時代からの占い 3. 土偶セットの販売 4. 古墳時代の亀卜(きぼく) 5. 平安時代の雨乞い 6. まとめ

(アイキャッチ画像:TANEJIROさんによる写真ACからの写真)

コメント

error: Content is protected !!