調布の布多天神社にお参りしてきました お宮参りにも

名所・旧跡

昨日は、暑い中、調布市の布多天神にお参りに行ってきました。
ちょうど出かける用事があったので、ついでに寄ってみたのです。

1.布多天神とは

布多天神は、創られたのがいつなのかははっきりしていないそうですが、
1477年に現在の位置に移された、という記録があるそうです。

少彦名命(すくなひこなのみこと)と菅原道真が祀られています。

お昼前に行きました。平日の昼間。がらんとしています。

若い男性と、小さな子を連れたお母さんとがいました。

私の子ども2人と、孫1人、この天神さまでお宮参りをしています。

私の家から一番近い天神さまがここだからです。

2.神社では二礼二拍手一礼

前もって、スマホでお参りのしかたを調べておきました。

お祈りする際に、二礼二拍手一礼するのがルールです。

若い男性も、子連れのお母さんも、「二礼二拍手一礼」をしていました。

私はまず「ありがとうございます」と心の中で言い、「どうか家族みんなが健康でありますように」とお願いしました。

3.布多天神へ行く天神通り

調布駅から、布多天神へ向かうには、天神通り商店街を行きます。

ここには、「ゲゲゲの鬼太郎」の登場人物の像があるのです。

まずは鬼太郎

それからねずみ男

なぜこんなものがあるのかというと、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるさんがかつて調布に住んでいたことがあるからです。

調布にある書店のブックカバーには、鬼太郎のデザインのものがありました。

「ゲゲゲの鬼太郎」は何回もリメイクされてテレビ放送されましたので、あなたも知っていることでしょう。

私は映画版も見たことがあります。

テレビで主題歌を歌っていたのが熊倉一雄や吉幾三などでした。

4.まとめ

炎天下を歩きましたので、家に帰ってきて洋服を脱いでみると、下着のシャツだけでなく、ワイシャツまで汗に濡れていました。

速攻で着替えました。

汗をかくのは新陳代謝を活発にするために、体にいいことです。
いつも近所にしか散歩に行かない私ですが、昨日はけっこう歩きました。

関連記事>2018深大寺ほおずき祭りに行く前に知っておきたいこと

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

コメント

タイトルとURLをコピーしました