「ゲーム障害」が疾患として認められた! その症状

ゲーム 一般

2018年6月19日朝日新聞1面のニュースです。
「ゲーム依存」は精神疾患だとのことです。
あなた、ゲームやりすぎてませんか?

1.WHOの認定~ゲーム障害

この「ゲーム障害」が疾患として認められたのは、WHO(世界保健機関)によるものです。
「ゲーム障害」は依存性のある行動で日常生活に障害をきたすものだそうです。

以前から「ネトゲ廃人」というような言葉で、ネットゲームにのめりこみ、生活がおかしくなってしまった人の存在は知られていました。

今回は、「依存症」ということで、治療が必要な疾患として認められたということです。

2.私の場合~ゲームにのめり込む

1988年、ファミコンでドラクエ3が発売されると、私は熱中してゲームに取り組みました。
ちょうど妻が妊娠しており、つわりがひどかったので、いまだに「ドラクエ3の音楽を聴くと気持ち悪くなる」と言われます。

ただ、当時はオンラインゲームではなかったのですね。

私は生活に支障をきたすほどゲームをやっていませんでした。

そして時は流れ、オンラインゲームの時代へ。

テイルズウィーバー」というゲームにはまりました。攻略本を買ったりしてね。
それでも「ひどくのめりこむ」ということはなかったな。

最近のゲームにはついていけない

私は、今、ゲームを一切やっていません。
「がちゃ」とか、どこが面白いのかわからず、プレイしていないのです。

一度「いいRPGはないかな」と思い、ネットで調べてみましたが、片方でおすすめのゲームがもう一方では「やめたほうがいい」とされており、結局選べませんでした。

twitterをやっていると、スマホゲームの広告が入ります。
はでなグラフィック画像が現われます。

スマホでどうプレイするのかわかりません。
第一、私は歳をとって指先が乾燥しているため、スマホの操作がうまくできません(涙)

3.まとめ

新聞記事では、成人421万人、中高生52万人がネット依存の恐れがあると報じられています。恐ろしいほどの数字です。

自分が「ゲーム障害」だと感じているあなた。

少しずつゲームをする時間を短くしていきましょう。

ゲームは楽しく。「一日一時間」そう言ったのは高橋名人です(って知らないでしょうね)。私みたいに外出がおっくうな人間は、ひょっとしたら「ゲーム障害」になるかも。
「君子危うきに近寄らず」で、ゲームとは距離をおきます。

○今日の名言

愚かさによってのみ、
彼らは自分に
自信を与えることができるのだ。
(カフカ)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

一般
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!