ゲルマ(ゲルマニウム)ラジオの自作用キットを秋葉原で買ってみた

一般

今回の記事は「ゲルマニウムラジオ」についてです。

「ゲルマニウムラジオ」と聞いてピンときた方は年配の方かもしれません。

小中学生のお子さんをお持ちの方、夏休みの工作に「ゲルマニウムラジオ」はいかがですか?

1.ゲルマニウムラジオとは

ゲルマニウムラジオとは、アンテナコイル・ダイオード・クリスタルイヤホンからなる、
電池のいらないラジオです。

私が中学生の時(いまから40年以上前)、電子工作に目覚め、初めて作った作品が「ゲルマニウムラジオ」でした。

写真でお分かりのとおり、ごくごくシンプルなラジオです。

えっ? たったこれだけでラジオが聞けるの?

そうなんです。聞けるんです。

2.ゲルマニウムラジオを秋葉原で買ってみた

もう何年も前のことですが、秋葉原電気街へ行って、ゲルマニウムラジオのキットを買ってきました。

ちゃんとはんだごても買いました。

私の家からは1時間程度で秋葉原へ着くことができます。

先日の「歩く象」と同じですが、作ってしまうともったいないので、そのままにしてあります。

私が秋葉原へ初めて行ったのは中学生の頃でした。

小さな店舗がたくさん入っているビルがあり、その中のお店で、ラジオのキットを買ったのです。そのときはゲルマニウムラジオと2石ラジオを買いました。
2石ラジオとはトランジスターを2つ使ったラジオという意味です。

3.ゲルマニウムラジオの回路図

念のため、ゲルマニウムラジオの回路図を載せておきますね。

4.ラジオ工作などの思い出

中学校の技術の時間で、6石ラジオを作りました。

それだけでは物足りなかったので、改造して、電源がはいると発光ダイオードが光るようにしました。

ラジオに続いて、いろいろな電子工作を楽しみました。

発光ダイオードが点滅する機器。(ただそれだけでうれしかったんですね)

お風呂にセットして、一定量の水が入るとブザーで知らせてくれるもの。
(今ではお風呂は自動で沸かせますもんね)

電子サイコロ(デジタル時計の一桁を思い浮かべてください。スイッチを押すと点滅して、1~6までの表示がされるものです)

5.まとめ

子どもの頃の趣味って、一生忘れないものなんですね。

昔は、電子工作に関係する雑誌がいろいろとありました。

「初歩のラジオ」「模型とラジオ」「ラジオの製作」などです。

よく図書館で借りたことを覚えています。

統合失調症でブログに何を書いていいか悩んでいる方へ。

自分の好きなことと、人に役立つことの、両方に属することがらを記事にするといいですよ。

今日の記事はまったくの自分の思い出ですが、世の中には「電子工作」というものがあるんですよ、とお伝えしているわけです。

あなたも統合失調症になる前、熱中していたことがあるでしょう。

つらい気分になったら、「こんな楽しいこともあったんだな」と思い出してください。

それと、疲れをためこまないこと。

体が疲れていると、意欲がわかないで、悪い方へと考えが進んでしまいますからね。

追記

今回の西日本豪雨で、Yahoo!が募金を集めています。

Tポイントで支払うこともできます。

私はTポイントがたまっていたため、そこから寄付しました。

まずYahooネットの募金サイトへいきます。

そこで「平成30年7月梅雨前線等による大雨被害 緊急災害支援募金(Yahoo!基金)」を選択します。

寄付するをクリックします。
Yahooへのログインが求められますので、パスワードを入力してログインします。

「Tポイントで寄付」を選択します。

寄付するポイント数を入力します。

注意事項に同意するにチェックを入れます。そして「寄付する」をクリックすると完了です。

○今日の名言

逆境が人格を作る(トルストイ)

関連記事>「歩く象」の工作キット タミヤ製が楽しい

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

一般
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!