引きこもりの女性20代ならいくらでもやり直せる!

20代女性 引きこもり

一口にひきこもりといっても、それが1年なのか、5年なのか、10年なのかによって対応は変わってくるでしょう。

ネットで20代の女性が引きこもりで困っているという記事をみかけました。

私はまもなく60歳になる引きこもりですが、20代の女性ならいくらでもやり直しがききます。

今回の記事は20代女性がひきこもりから脱出する方法を考えてみましょう。

1.まず病気でないかどうかチェックする

引きこもりだと、他人のことをうらやましく思い、「自分はなんてダメな人間なんだ」と考えてしまうかもしれません。

引きこもりになったきっかけはいろいろあったのでしょうが、まずは自分が健康なのかどうかを調べる必要があります。

たとえば不眠、不安などが続く場合。

心の病気の可能性がありますので、心療内科へ行って相談してみるといいでしょう。

5年、10年とずるずると引きこもるより、1年で再出発を決めたほうがよりよくなると思います。

そして健康だと診断されたら就職を考えましょう。

また障害者といわれても、働く意思があるのなら、障害者枠で働くという手段があります。

2.病院へ行くのが抵抗があるなら

自分が引きこもりだけれども、病院へ行くのは抵抗があるという方。

市役所で「引きこもり相談」をしているところがあります。

筆者の住んでいる市でも、市役所に「引きこもり相談」がありました。

引きこもり専門の相談がないところでも、市役所へ行けば、適切な機関を紹介してくれるでしょう。

3.引きこもりの人が仕事を探すには

スポンサーリンク

家の近所でアルバイト募集のポスターを見かけたら、応募してみるというのも一つの手でしょう。

ただ引きこもりの人が、コンビニのアルバイトなど接客を行なう仕事を選ぶのはちょっとつらいかもしれません。

家族などのつてを頼ってみるのもいいでしょう。

職業をあっせんしてくれる施設にハローワークというものがあります。

今ではインターネットで仕事が検索できます。

ハローワークのサイトはこちら

20代の女性で、高卒、運転免許ありだと探せる仕事の幅が広がります。

またハローワークでは職業訓練のあっせんをしてくれます。

インターネットでの職業訓練のあっせんは、すでに募集を終了したものが載っていますので、若干使いづらいですが、一番最後までチェックを続けていくと、現在募集中の職業訓練がでてきます。

職業訓練では仲間もできますし、励ましあいながら訓練を受けることができるでしょう。

そして職業訓練期間中に出される給付金もあります。こちらの利用も考えましょう。

4.女性20代なら婚活という選択肢も

女性で20代なら結婚を目指すという考え方もあります。

結婚相談所は、大手のところから、小規模なものまで、いろいろな種類がありますので、事前に口コミなどをよく調べましょう。

婚活を通じて、身だしなみに気をつけるようになると、自然と心もしゃんとしてきます。

外見と内面をよくしていくサイクルが回り始めれば、しめたものです。

必要以上に見た目にコンプレックスを持つのはやめましょう。

5.最後に

自分の現状を変えようとするには覚悟が必要です。

人間の性質として現状維持というものがありますから、いったん引きこもりになってしまうと、新たな行動を起こすことがおっくうになってしまいます。

ただし病気の場合は別です。治療に専念しましょう。

筆者が10年以上前に精神科へ入院していた時、20代の男性と同室になりました。

話を聞くと大学生で、休学しているとか。

若いうちに心の病を発症してしまうのは気の毒としかいいようがありません。

それでも病状が軽減・安定してきたら、就職も視野に入れるようにしましょう。

あなたが一歩を踏み出せるように、応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました