引きこもりでバイトが怖い人はこうすればいい!

バイト 引きこもり

世の中にはなにかのきっかけで引きこもりになってしまい、正社員としての就職はおろか、バイトですら怖いと考える人がいます。

「頑張れ」と励まされても、どう頑張っていいのかわからない。

これでは将来が不安……そんな人は今日の記事を読んでみてください。

1.病気で引きこもりの場合

毎度くどくてすみませんが、引きこもりが病気からきている場合、病気の症状を軽減していくことが大切です。

たとえば不眠・不安などの心の症状ありませんか?

もし心当たりがあったら、心療内科を受診してみることです。

そして投薬などの治療を受けながら、徐々に社会復帰していくということが肝心です。

以下は病気が改善して、働けるようになったら、という前提でお話ししますね。

2.引きこもりでもできるバイト

2-1.新聞配達

新聞配達は早起きができるので健康にいいし、何よりも他人と会わずに済みます。

引きこもりの人は他人と会うのが苦手な場合が多いので、他人とかかわらずに済めばそれに越したことはありません。

2-2.工場のライン工のバイト

これも職場が自宅の近くにあるといいですね。

通勤時間に1時間とられてしまうのはしんどいですから。

そして昔なら職場の飲み会に無理やり誘われたりすることがあったかもしれませんが、昨今の状況から、飲み会などは少なくなっていることでしょう。

ネットで求人情報を探してみるといいですよ。

2-3.単発・1日OKのバイト

引きこもりの人は自信をなくしていることが多いので、無理のない範囲から仕事をはじめていくといいです。

これもネットで調べられますが、地元の単発・1日OKのバイトがあったら、そこから慣れていくというのも手かもしれません。

単発なら面接とかも最低限でしょうしね。

2-4.クラウドソーシングサイト

在宅でできる仕事を紹介してくれるサービスに、クラウドソーシングサイトというものがあります。

クラウドワークスとかランサーズなどです。

ここで、自分に合った仕事を探し、コツコツと続けていく、ということができればそれなりの収入になるかもしれません。

Webライターなどはいい選択肢ですね。

しかしこれも最初は低単価から始めなければなりません。これは本業というより副収入ですね。

3.引きこもりにYouTuberはどうよ?

スポンサーリンク

引きこもりだから、自宅でできる仕事がいい。

そうだ、今でも人気上昇中のYouTuberになるっていうのはどうよ、と思った方。

小学生の人気仕事ランキングにもあげられるYouTuber。

しかしなるのはそう簡単ではなさそうです。

動画編集用のパソコン、ソフトが必要です。

ちなみに私の持っているノートパソコンは3年前に買ったものですが、動画編集にはスペック不足です。

新しいパソコンと編集ソフト。

そしてYouTuberとして活動を始めて、半年間は収入がないものと思わなければなりません。

それでもこれから人気が衰えるということは考えづらいので、やる気のある方は挑戦してみるとよいでしょう。(私もいつかやってみたいな)

4.最後に

特に注意してほしいのが、Twitterで流れてくる「儲け話」。

まさかあなたは「10万円が当選しました」というダイレクトメールに返事をしたりしていないですよね?

私の実体験ですが、ある人のTwitterでネットビジネスの話をしていたので、問い合わせをしてみました。

すると「50万円だせば100万円儲かる話を教えてあげる」と言われました。

そこで私が「50万円も出せません」といったところ、「じゃあ10万円だせば20万円稼げる話を教えてあげる」とのこと。

私はウンザリして、「もういいです」とフォロー解除してしまいました。

やはり初めての人にいきなり相談するのはやめたほうがいいですね。

その人が提供している情報をよく読み、何度か交流して信頼関係を構築してから、教材を買うといいです。

ここで「ネットビジネスは稼げない」と書いてしまうと、それが実現してしまうので、あえてそう思わないことにします。

私は在宅で稼いでみせます。本気ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました