引き寄せの法則で睡眠不足(不眠)を解消する方法はこれだ

睡眠不足 引き寄せの法則

こんにちは。今朝は2度寝したヒロハッピーです。

今日は「引き寄せの法則と睡眠不足(不眠)」という話題です。

あなたは今肉体的・精神的に健康ですか?

健康ならば問題ありません。

ただもしあなたが今統合失調症で不眠に悩んでいるとしたら、今日の話は役に立つと思います。

また、おどかすわけではありませせんが、精神障害というのはある日突然やってくることもあるのです。そんな時に備えましょう。

健康になるには、「健康な自分」をイメージしてみることです。

1.引き寄せの法則で睡眠不足を解消する方法

さて、「引き寄せの法則」を使ってよく眠れるようになることはあるのでしょうか。

「良い結果を想像すれば、本当に良い結果が得られる」というのが「引き寄せの法則」ですあから、あなたが病的な睡眠不足だったら、まず「よく眠れる自分」をイメージして夜、寝床に付くことをおすすめします。

イメージするなら、季節は春。暖かくなって、花が咲き乱れます。

あなたは芝生の上へ寝転んでいます。

右手・右腕に意識を向けます。だんだん重くなって、地面に沈み込んでいく様子を想像します。

次は左手・左腕。次は右足。そして左足。それぞれがくつろいでいく様子を想像します。

はい、ご存じの方もいらっしゃいますね。「自律訓練法」のスタート部分です。

2.なぜ私は早朝覚醒するのか

寝具

私は統合失調症になって9年になります。

その前にうつ病で入院していた頃は、1日3時間しか眠れませんでした。

そして最近では、22時に寝て、3時とか4時に目が覚めます。

5~6時間眠っていれば十分ではないか、という人もいるでしょう。

適切な睡眠時間というのは人によって変わってきます。

私の理想は、22時に寝て6時に起きることです。

私が眠れなくなる理由が、やっと自覚できました。

「ネットビジネスでかせぐことができない。これからうまくかせげるようになるのだろうか」と心配しているからです。

3.睡眠不足の解消策

睡眠不足の原因が不安からきているなら、その不安をなくしてやる必要がありますね。

具体的にどうしたらいいのでしょう。

まず、「引き寄せの法則」を理解して、自分は必ず成功する、と何度も言い聞かせるようにします。

紙に書いて毎朝見るのもいいですね。

ノートを用意して、1日10回書くようにしてもいいかもしれません。

でも道のりは簡単ではありませんよ。

私は毎日100回「ツイてる」と唱えていて、もう37,000回になりますが、まだ不安がなくなりません。

まあこうして生きながらえていること自体「ツイてる」といえばいえなくもないのですが。

4.人間の持つ自然治癒力に目を向ける

大事なことは、一日二日で悩むのではなく、長い目でみて不安の解消を考えるということです。

私は今朝3時に目が覚めて、ネットビジネスのことが不安になり、眠れなくなってしまいました。

そのため一度起きて、パソコンで作業しました。

そして5時に朝食をとり、再び布団で寝ることにしました。

すると8時までぐっすり眠れました。

まあビジネスマンの方はそうもいかないでしょうが。(あなたがビジネスマンで、どうしても早朝覚醒に悩んでいるのなら、一度クリニックの受診をおすすめします)

あなたにも私にも、「自然治癒力」というものが働いています。

不眠が続いても、いつかはよく眠れる日がくるということです。

5.不安をなくすためにとことんやってみる

階段

そして、不安をなくすために、「自分はできるところまでやりきったのだ」という満足感が味わえるよう、精力的に仕事に取り組みましょう。

ちょっとでも不安が頭を持ち上げたら、「いや、自分は全力で取り組んだのだ。今の私にできる精一杯のことをしたのだ」と自分に言い聞かせましょう。

父さん
父さん

誰でも新しいことをやるのは不安だからな

母さん
母さん

一段一段、階段をのぼっていくようなものですね

6.まとめ 引き寄せの法則を実感する

一度でも「引き寄せの法則」が実感できたらしめたものです。

不安からくる睡眠不足をなくすには、自己暗示、瞑想など、自分にできることをいろいろとチャレンジしてみることです。

瞑想についての本の記事はこちら

>>関連記事 『ヒマラヤ大聖者の免疫力を上げる「心と体」の習慣』を読んで

あなたにピッタリの方法が見つかることでしょう。

  • 睡眠不足になるのは心に不安があるから
  • 不安は不安を引き寄せ、達成感は満足を引き寄せる

ブログランキングに登録しました。1日1回、ぽちっと応援よろしくお願いします。


備忘録・雑記ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました