中学生の日焼け止めにおすすめなのはコチラ!厳選3選

日焼け止め 06月

中学生から日焼け止めを使うなんて、早すぎると思っていませんか?

将来、肌トラブルを防ぐためには、日焼け止め対策をすることが必要です。

スポーツの部活をやっている女子なら当然日焼け止め対策を行なっていると思います。

部活をしていなくても日々の登校、休みの日の外出などで紫外線にあたることは避けられません。

今回は、中学生が日焼け止め剤を買うときのポイントについて説明します。

1.中学生にはノンケミカルタイプの日焼け止め

肌の弱い中学生には、ノンケミカルタイプの日焼け止め剤が適当です。

ノンケミカルタイプとは、「紫外線散乱剤」とも呼ばれ、紫外線を浴びた際に、それを反射させて日焼け止めを防ぐというものです。

これと異なるのが「紫外線吸収剤」というタイプ。

こちらはいったん受けた紫外線を吸収してから放出するもので、日焼け止め効果は高いものの、肌へのダメージが心配されます。

2.中学生向け日焼け止め

では代表的なノンケミカルタイプの日焼け止め剤をご紹介しますね。

中学生向けということで値段の高くないものを選びました。

2-1. ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク

こちらは文字通りキッズ向けです。リキッドタイプとなっています。

無香料、無着色で、せっけんで落ちるところもうれしいですね。

SPF+50となっています。SPFとは、UV-Bと呼ばれる肌に炎症を起こさせる紫外線を防ぐもので、数値が大きいほど効果が高いです。

シミ・そばかすなどを防止します。

+50とは50以上を意味します。

またこの商品はPA++++となっています。

PAは+から++++までの4段階となっています。

UV-Aと呼ばれる肌を黒くする紫外線を防ぎ、+が多いほど効果が高いのです。

中学生ぐらいであればSPFは30程度で十分という説がありますが、この商品は子供向けに開発されたものですから、特に強さを心配する必要はないでしょう。

アマゾンのレビューは344個、星4.2です。

  • こども用でSPF50はあまりないので重宝しています。
  • お友達とプールをしたときも、うちの子だけ水着の跡がありませんでした。
  • 乳液とクリームの間くらいの感触。肌になじむのでこどもの通学に便利。

2-2.ユースキンS UVミルク

こちらもリキッドタイプ。うるおい成分のしその葉エキスを配合しています。

SPF25、PA++ですから、もしかしたら1番目の商品よりもこちらのほうがいいのと考える人もいるかもしれません。

ただ人によってはSPF50のほうがいいという人もいます。

アマゾンのレビューは355件、星4.1です。

  • 紫外線吸収剤のない製品をいろいろ探しましたが、これは納得の商品です。
  • 洗顔料ですぐに落とせます。汗をかくと白い水滴になってしまい、残念。
  • 3歳と0歳に使用しましたがまったくかぶれませんでした。

2-3. ニベアサン ウォータージェル こども用

こちらも「こども用」と明記されています。大人が使っても大丈夫です。

ジェルタイプで、普通のせっけんで落とすことができます。

SPFは28。PA++です。ヒアルロン酸とユーカリ葉エキスが配合されています。

アマゾンでは439個の評価、星4.2です。

  • こども用日焼け止めは何度も塗り直す必要があります。これはよく伸びます。
  • とても肌の弱い子ですが、かぶれたりしません。
  • ノンケミカルで低刺激、コスパもよいです。

3.中学生の日焼け止めおすすめのまとめ

以上、人気の3商品について説明してきました。

結構みなさん試行錯誤して日焼け止めを選んでいるようですね。

販売サイトのレビューをよく読んで、お買いになることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました