6月10日は歩行者天国の日 カップヌードルの食べ歩き

06月

6月10日は歩行者天国の日。1973(昭和48)年6月10日、銀座から上野まで当時世界最長の歩行者天国が実施されました。

全長5.5kmでした。これを記念して定められた日です。

1.歩行者天国の始まり

実は歩行者天国が実施されたのはそれよりも前です。

東京では1970(昭和45)年8月に銀座・新宿・池袋・浅草で実施されました。

私が初めて歩行者天国を歩いたのは、秋葉原でした。

混雑していますから、解放感を味わうという感じではありませんが、それでも気分のよいものでした。

ご存じのとおり、秋葉原の歩行者天国は2008(平成20)年の通り魔事件により中止されましたが、2011(平成23)年に復活しています。

ちなみに現在では秋葉原・銀座・新宿で歩行者天国が実施されていたのですが、警視庁のホームページによると、当分の間休止とのことです。

2.歩行者天国とカップヌードルとの関係

あなたは歩行者天国とカップヌードルの関係について知っていますか?
カップヌードルが発売されたのは1971(昭和46)年。当時、銀座の歩行者天国で試食販売を行ないました。

若者たちはカップヌードルを食べながら歩行者天国を歩き、一大センセーションを巻き起こしたのです。

引用元 Twitter

3.歩行者天国とウォークマンとの関係

スポンサーリンク

この話で思い浮かぶのがウォークマンの発売ですね。

1979(昭和54)年、発売を開始して売上が伸びなかったとき、ウォークマンをつけさせて歩行者天国を歩かせる、という宣伝方法をとり、若者たちに口コミで広がったのです。

あっという間に売れたそうです。

4.カップヌードルは100種類

発売から現在にいたるまで、100種類のカップヌードルが開発されたそうです。

カップヌードルの開発秘話は、海外進出でした。

日清のチキンラーメンを海外へ持っていったとき、現地の人たちはチキンラーメンを割って、紙コップに入れてお湯をそそいで食べたそうです。

もちろん箸ではなくフォーク。

これをヒントにカップヌードルを開発したのが日清の創業者、安藤百福さん。

当時61歳だったといいます。柔軟な思考の持ち主だったのですね。

5.カップヌードルの模型

先日Twitterを見ていたら、カップヌードルの模型が発売される、というニュースに出くわしました。

それにしても2,420円。模型好きの私でも、ちょっと出せない金額ですね。

父さん
父さん

でも好きな人は買うんだろうな

 

母さん
母さん

かなり精巧な模型ですね

私がカップヌードルを食べるのは1年に1回くらいです。

ふだん夕食は妻が作っておいてくれます。

今は、妻は在宅勤務ですから、その日のうちに作ってくれていますね。

6.まとめ

以上、歩行者天国の日にちなんだ話題をお届けしました。

今でも外でカップヌードルを食べる人っているんしょうか。

私の通っている病院には、中庭があり、売店があります。

売店でカップヌードルが売っています。

お湯を注いで、中庭の椅子まで持ってきてくれます。

入院中、たまに食べてる人を見かけました。

閉鎖病棟ですから、中庭に出るのも入院してしばらくたってから、いちいち許可をもらって出る必要がありました。

  • 歩行者天国でカップヌードルが広まった
  • カップヌードルの模型が発売される

ブログランキングに登録しました。1日1回、ぽちっと応援よろしくお願いします。


備忘録・雑記ランキング

06月
スポンサーリンク
トモをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました