ホームレスへの支援方法~ビッグイシュー

挑戦

この記事では、ホームレスの人への支援方法について書いています。

あなたも私と一緒に、ホームレスの人への支援をしませんか。

1.ホームレスへの支援

あなたは今、働いていらっしゃるでしょうか。
また、屋外でホームレスの人を見たことがあるでしょうか。

ホームレスの人を見てどう感じますか。自助努力が足りないと思いますか。自分の責任でなったのだから、自業自得だと思いますか。

私はホームレスの人を見ると、どうしても他人事とは思えません。

今はこうして普通の家に住んでいますが、まかりまちがえれば、私もホームレスになっていたかもしれないな、と思うのです。

それは病気のせいもあるでしょう。
もし私が、結婚せずに、ひとり暮らしをしていたら、生活保護を受けていたでしょう。
とにかく、働けないのですから。

ホームレスの人も、さまざまな事情があったのでしょうと思われます。
ひとそれぞれ理由はあるのでしょうが、なんとも気の毒な話です。

2.ホームレスへの支援団体、ビッグイシュー基金ニュースレター

(これが『ビッグイシュー2017年2月号』の表紙です)

私の手元に、先日、「ビッグイシュー基金ニュースレター」が届きました。

ビッグイシューというのは雑誌の名前で、ホームレスの人がこれを販売することにより、自分の力で稼ぐ、というものです。

私は2017年2月と2017年9月に『ビッグイシュー』を購入しています。

朝9時前に、病院へ行くとき、駅前でホームレスの人が販売していたのを買いました。1冊350円です。

その後も「買いたいな」と思っているのですが、タイミングが合わずに、買えないでいます。売り場が変更になったのか、売る時間が変更になったのか。

その代わりといってはなんですが、直接現金をビッグイシューに振り込んで、応援しました。

すると「ビッグイシュー基金ニュースレター」が届くようになったのです。

3.ホームレスの人の実態

(これが『ビッグイシュー2017年9月号』の表紙です)

今回届いたニュースレターの中に、ホームレスの人の分析記事が書いてありました。
それによると、この十数年間で、ホームレスの人の数は大きく減少しているそうです。
2003年の25,000人から2017年には5,500人に減りました。

行政でも自立支援のためのさまざまな施策が行なわれています。
また支援のNPO法人もいくつかあるようです。

最近では、「路上生活者」ではなく、「ネットカフェ難民」が増えているそうです。

東京都の調べによると、ネットカフェの宿泊利用者15,000人のうち、1日あたり約4,000人の利用者が「住居喪失者」ということです。

この数字には驚かされました。

「ネットカフェ難民」は若年層が中心です。こちらも「さまざまな事情があったのだろうな」と思えます。

4.ビッグイシュー基金への寄付

ビッグイシュー基金への寄付の方法は、こちらのサイトから案内があります。

寄付をする | ビッグイシュー基金
税制上の優遇を受ける場合は下記の寄付メニューよりお選びください。(雑誌送付などの特典はありません)遺贈・相続財産のご寄付についてはこちらをご覧ください。 ※ 雑誌『ビッグイシュー日本版』送付の特典を受けたい場合は、市民応援会員にご登録ください。 ※ 法人としての応援方法はこちらをご覧ください。 毎月の寄付をする マンス...

今調べたら私の購入していた場所ではもう販売していないんですね。残念です。

5.まとめ

ビッグイシューは、1991年にイギリスで生まれた雑誌だそうです。
現在では、イギリスのほか、南アフリカ、オーストラリア、韓国、台湾、日本において『ビッグイシュー』が販売されています。日本では2003年に始まっています。

送られてきたニュースレターには、「熱中症予防」の小冊子が含まれていました。

「熱中症かな?」と思ったら
(1)意識がない場合 救急車を呼ぶ
(2-1)意識がある場合 すぐに休憩、涼しいところへ避難、服をゆるめて首、手首、足首、わきの下を冷やす
(2-2)意識がある場合 水分、塩分補給
(2-3)水分がとれない時 救急車を呼ぶ
(2-4)症状が改善されない時 医療機関へ行く

ホームレスの人にとって、熱中症予防は重要な問題ですね。

それにしても、1,2回しか寄付したことのない私に対して、ニュースレターを送ってくださるなんて、かえって恐縮です。

1,000円から寄付できますよ。
善行を積めば、きっといいことが起きるでしょう。

○今日の名言

相続はしたが、
予は薩摩藩を自分の所有物とは思っておらぬ。
これは辱くも天子さまからお預かりしたものである。
(島津斉彬)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

挑戦
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!