いだてんの子役オーディションは熊本! 第1回には出演せず

テレビ

2019年1月6日、NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」の第1回が放映されました。

この記事ではいだてんの子役オーディションについて説明していきます。

ドラマの主人公はマラソン選手の金栗四三(かなくりしそう・中村勘九郎)です。

第1回放送は以下のようなものです。

1912年ストックホルムオリンピックへの招待を受けた日本は、1911年11月19日、予選会を開催します。

マラソン競技で19人が参加する中、脱落者が13人。トップでゴールしたのが金栗四三、というストーリーでした。

大河ドラマといえば、子役が注目されます。

第1回放送には子役は出演しませんでした。

1.いだてんの子役オーディション

さて、子役のオーディションはどのように行なわれたのでしょうか。

主人公の金栗四三が熊本出身なので、熊本の方言を話すことができる子役を選ぶことになりました。

大河ドラマで選ばれた子役は、その後の活躍が期待されるため、毎年注目が集まっています。

今回は、すでに子役として活躍している人からではなく、オーディションで選ぶことになりました。

その結果、1500人の応募の中から、男女1名ずつが選ばれました。

2.いだてんの子役は

いだてんに出てくる金栗四三の子役として選ばれた男の子は、久野倫太郎(ひさのりんたろう)くんでした。

久野くんは小学2年生の8歳。

演技をしたことのない子どもさんが、子役を演じるのは、大河ドラマで初めてだそうです。

同姓同名の「久野りんたろう」くんという子役がいますが、こちらは神奈川県出身の9歳の子役なので、別人ですね。

大河ドラマの子役の久野倫太郎くんについて、家族などを調べてみましたが、ネットではみつかりませんでした。

そして、所属事務所が、「アクティブハカタ」だということですが、これは大河ドラマの撮影が始まってから所属したのでしょうか。

撮影時には7歳でした。久野倫太郎くんの画像がこちらです。

出典:Twitter

父さん
父さん

坊主頭が似合っているな

母さん
母さん

やんちゃな感じですね

3.大河ドラマの子役オーディションを受けるには

さらに、大河ドラマの子役のオーディションを受ける方法を調べてみました。

すると、一般から応募することはできず、所属事務所を通して応募できるという情報がありました。

先ほど久野倫太郎くんが「アクティブハカタ」に所属したのはオーディション後、と述べましたが、そうすると違うのでしょうか。

オーディションに参加するより前に、事務所に所属することが必要だということです。

たとえば2018年の大河ドラマ「西郷どん」には、「テアトルアカデミー」という事務所から、子役たちが出演していました。

ただ、これはあくまで2018年のことであり、2019年の子役、久野倫太郎くんが事務所に所属した経緯について明らかな情報は得られませんでした。

4.いだてんの子役、女の子は?

それではいだてんの子役、女の子の方はなんという名前なんでしょう。

もちろんNHKの公式サイトには子役についてまで掲載されていません。

第1回終了時点で、ネット上にあがってこないということは、第2話にも出演しないということなのでしょうか。

綾瀬はるかさん演じる、金栗四三の幼なじみ、春野すや。

その子ども時代を演じる女の子です。

所属事務所が決まっているのなら、そちらから情報が出てくるはずなのですが。

あえて公表しないのでしょうか?

5.いだてんの公式ツイッター

いだてんには公式ツイッターがあります。さまざまな情報を知りたい方は、フォローしておくとよいでしょう。

https://twitter.com/nhk_td_idaten/status/1060728432298872832

出典:Twitter

6.いだてんの意味

記事の最後に、「いだてん」の意味について述べることとしましょう。

いだてんとは、漢字で「韋駄天」と書きます。

仏教に出てくる言葉で、神様の一人です。

お釈迦様が亡くなった日、足の速い鬼が、遺体から「仏舎利(お釈迦様の遺骨)」を盗みました。

弟子たちが、足の速い神様、韋駄天に、この仏舎利を取り戻してほしい、と頼んだところ、韋駄天は鬼を追いかけ、仏舎利を無事取り返したそうです。

このことから、足の速いことを「いだてん」と呼ぶようになりました。

7.まとめ

以上、2019年の大河ドラマ、「いだてん」の子役オーディションが熊本で開催されたことを中心に、関連情報を述べてきました。

私はテレビをあまり見ませんが、毎年、大河ドラマだけは欠かさずみるようにしています。

2019年は、歴史物ではなく、近現代史を扱っているので、なかなか面白いドラマになるのではないかと期待しています。

家族みんなで大河ドラマを楽しもう

人気ブログランキングはこちら

テレビ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒロハピをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました