怒りを鎮める言葉とは?一時的な暴言に結びつけないために

怒る 考え方

昨夜はいやな夢を見ました。

自分の父母に、怒りの言葉をぶつけている夢でした。

目が覚めてからもぼうっとして、 しばらく正気に戻れませんでした。

私が最後に怒ったのは、入院していたとき。

もう十年以上前になります。

夜中の3時に部屋に入ってきて、大声で わけのわからないことを話す人に対して、
「こっちはようやく眠れたんだ。睡眠の邪魔をするな」と怒りました。

朝になってその人と話をすると、 「まったく覚えていない」といいます。

精神科の薬のなせる技でしょうか。

さて、今日の話は一般の人向けのもの。 怒りを鎮める言葉について取り上げたいと思います。

1.コーピング・マントラについて

まず結論から言ってしまいますと、怒りを鎮めるには、心理学でいう「コーピング・マントラ」が役に立ちます。

もともと「マントラ」とは、「真言(しんごん)」と訳され、祈りなどを短い言葉で現わした呪文のことをいいます。

たとえば、弁財天のマントラは、「オン ソラソバテイ エイ ソワカ」といわれます。

これを唱え、努力をする人に対して金運上昇の効果を与えてくれます。

そして「コーピング」というのは、「ストレスに対処する」という意味をもちます。

宗教用語である「マントラ」という言葉を借りて、「コーピング・マントラ」とは「ストレスに対処する短い言葉」を示すものなのです。

2.コーピング・マントラの例

では「コーピング・マントラ」にはどのようなものがあるでしょうか。

これには、

  • 「起きたことはしょうがない」
  • 「ささいなことだ。仕方がない」
  • 「気にしないことだ」

などというものがあげられます。

怒りを感じたときに、この言葉を唱えると、自然と怒りが消えていくということです。

本当に効果があるのでしょうか。

これについては、私自身ふだんの生活で「怒り」を感じることがないので、体験としてはわかりません。

でももしあたなが怒りっぽい人だとしたら、だまされたと思ってやってみてください。

一度でうまくいかなくても、何度か繰り返して行くうちに、効果が現われてくるようです。

3.怒りは一時的な暴言を招く

相手が子どもでも、職場の部下でも、なにか失敗したことを見つけて、「何やってるんだ!」とか「そんなことしちゃダメじゃないか」とか、言葉を荒げてしまうシーンもあると思います。

怒られたほうは「すみません」と謝るでしょう。

しかし日常的に「怒る」ことが生じている場合、相手は恐怖心をいだき、ただ小さくなるか、または怒られても改善しようとせずに、そのままスルーしてしまうかもしれません。

「怒り」はマイナスのエネルギーです。

発したほうも後味が悪いですし、発せられたほうも萎縮してしまいます。

お互い、いいことはないのです。

私の場合は、妻と二人暮らしですから、妻に怒ることもなく、また仕事をしていないため、職場で上司から怒られる、という場面もありません。

(かつて働いていたときに怒られたことはあります)

そんな私がなぜ怒っている夢をみたのかは定かではありませんが、夢の中でも相当気分が悪く、目覚めてもショックを受けました。

4.「怒る」と「叱る」は違う

よく言われるのが、「怒る」と「叱る」とは違う、ということです。

「怒る」とは自分が腹を立てたことを相手にとがめることです。

「叱る」とは教育的な立場から、間違いを指摘し、正しく行なう方法を示唆するものです。

「怒る」のが感情的な気分から来るのに対して、「叱る」は冷静な気分で落ち着いて行なうことができます。

父さん
父さん

子育てでは「怒る」のではなく「叱る」ことが大切だといわれるな

母さん
母さん

そのとおりですね。感情に任されないことです

5.まとめ

以上、怒りを鎮める言葉について説明してきました。

あなたは「怒りっぽい親」「怒りっぽい上司」になっていませんか。

怒りそうになったら、深呼吸して、ゆっくり1から10まで数を数えて、「コーピング・マントラ」を唱えてみましょう。

ポイント

  • 怒りを鎮めるには「コーピング・マントラ」
  • 怒りはマイナスのエネルギー
  • 「怒る」と「叱る」とは別物

(アイキャッチ画像:FineGraphicsさんによる写真ACからの写真)

考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!