池江璃花子が入院している病院はどこ? 白血病って治るの?

ニュース

先日、白血病であることを明らかにした競泳の池江璃花子選手。

公式ホームページを設置して、近況報告をしました。

池江璃花子選手が入院している病院はどこでしょうか。

また、白血病とは治る病気なのでしょうか。

1. 池江璃花子プロフィール

池江璃花子さんのプロフィールは以下のとおりです。

  • 名前:池江璃花子(いけえ・りかこ)
  • 生年月日:2000年7月4日(18歳)
  • 出身地:東京都江戸川区
  • 身長/体重:171cm/57kg
  • 種目:自由型、バタフライ


出典:Twitter

2. 池江璃花子さんのホームページ

池江璃花子さんのホームページはこちらです。

2019年5月8日に公開されました。

池江璃花子さんは、今年の2月12日に白血病であることを公表しました。

今回のホームページでの公開内容は以下のように始まります。

日頃から沢山のはげましのメッセージ、お手紙など本当にありがとうございます。 現在、治療は順調に進んでいます。

白血病であることがわかってから約3か月になりますが、順調に治療が進んでいるというのはなによりですね。

3. 池江璃花子さんが入院している病院はどこか

池江璃花子さんはどこの病院に入院しているのでしょうか。

これについては、もともと入院していた病院から、最新の白血病治療が受けられる、都内の病院へ転院したといわれています。

白血病に関しては、国立がん研究センター中央病院が専門的な病院だとされていますが、池江璃花子さんが入院しているのはそこではないそうです。

さらに調べていくと、慶應義塾大学病院ではないかという情報が入ってきました。

この病院は、フリーアナウンサーの小林麻央さんが入院していた病院だそうです。

小林麻央さんは、乳がんにかかっていたのです。

2017年6月、34歳の若さで命を落としています。

4. 白血病は治る病気なのか

白血病は、「不治の病」ではありません。

白血病は、急性のものと慢性のものに分けられます。

急性白血病では、白血病細胞(がん化細胞)が急速に増えます。

このため、貧血などの症状や、熱・だるさを訴えることが多いです。

慢性白血病では、初期にはほとんど症状がないそうです。

池江璃花子さんの白血病が、急性のものか、慢性のものかはわかっていません。

いずれにせよ、適切な治療をすれば治る病気なのです。

池江璃花子さんは、「レースの後、疲れが抜けなくなっている」と述べていることから、急性白血病なのかもしれません。

5. 池江璃花子さんのメンタルの強さ

池江璃花子さんはTwitterでこのように述べています。

この中の「神様は乗り越えられない試練は与えない」というところに、私が常日頃思っているのと同じことが書かれているのだな、と感じました。

私もすでに16年間にわたる闘病生活を送っています。

父さん
父さん

池江璃花子さんは18歳なのにメンタルが強いんだな

母さん
母さん

早く良くなるよう応援したいですね

6. まとめ

以上、競泳の池江璃花子選手の入院している病院、また白血病とは治るものなのかについて説明してきました。

池江璃花子さんの一日も早いご回復をお祈りいたします。

病気と闘う池江璃花子選手から勇気をもらおう

人気ブログランキングはこちら

(アイキャッチ画像:あみん30さんによる写真ACからの写真)

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!