iMovieに代わるWindowsソフト「フォト」で動画編集の紹介

一般

動画編集ソフトiMovieは優秀な動画編集ソフトですが、Mac版であり、Windowsには対応していません。

そこで同等のソフトとして、標準搭載の「フォト」を紹介します。

1.フォトの起動

フォトの起動は、画面左下のWindowsマークから「フォト」を選択することでできます。

初めて起動すると、「人物機能の設定」という画面が出ますが、特に使いませんので、「拒否」でいいでしょう。

続いて説明画面がでて、フォトが起動できます。

今回はTwitterで表示させる動画を作ってみます。

まず、動画の縦横比ですが、Twitterのパソコン画面では2:1、スマホ画面では16:9が望ましいとされています。

Twitterはスマホでみる人が多いので、16:9(横800×縦450)で作成することにします。

2.写真から動画を作成

今回は写真から動画を作成するものとして進めます。

まず写真素材を用意します。Twitterのヘッダー、アイコン、プロフィール文、8500フォロワーをキャプチャーしたものをまず用意しました。

続いてcanvaを使って素材となる写真を作っていきます。

3.canvaで画像を作成

canvaにログインしたら、まず作るサイズを決めます。

ここでは800×450と設定します。

そして左側のサイドバーから「写真」を選択します。

「パソコン」というものがあったので、右下に「無料」と出ることを確認しながら、写真を選びます。

そして新しい画面に移してから、文字入れを行ないます。

ツイてる」と「ブロガー」の2種類の画像を作成しました。

4.canvaで背景となる画像を選択

同じく「写真」の中から、使えそうな画像を選択していきます。

「新しいページを追加」で画像を貼り付けていきます。

今度は「」として検索してみました。

「空」の画像をダウンロードします。

また、Twitterのヘッダーなどを、800×450サイズに合わせるために、canvaを使って加工します。

左側のサイドバーから「アップロード」を選びます。

そして画像をドラッグアンドドロップします。大きさを拡大します。

5.以上を繰り返す

以上のやり方を繰り返して、15枚の画像を作りました。

そして「フォト」に戻って「フォルダー」から画像を保存したフォルダーを指定します。

そして登録したい画像をまず1枚追加します。

画像を表示する順番はあとで編集できますので、追加する画像はどれでもいいです。

それから、「編集と作成」をクリックして一覧から「音楽入りビデオの作成」をクリックします。

ビデオの名前を指定します。ここでは「自己紹介動画」と入力しました。

6.ストーリーボードに配置し、BGMを選ぶ

「プロジェクトライブラリ」から選んだ画像を「ストーリーボードに配置」していきます。

そして画像の表示時間を決めます。

「期間」から選びます。今回は3秒としました。

全部配置し終わったら、「BGM」のボタンをクリックしてBGMを入れます。

7.ファイルを保存する

できあがったら、「ビデオの完了」を押します。

「ビデオのエクスポート」が表示されますので、適当な場所へエクスポートします。

「自己紹介動画.mp4」というファイルが完成します。

父さん
父さん

やっと完了したな

 

母さん
母さん

一度手順を覚えてしまえば、後は楽ですね

8.まとめ

ネットで「フォト」の使い方について検索すると、「まず作成ボタンから始める」と書いてあるものに出くわしますが、最新のフォトでは「作成」というボタンがありません。

ですが今回の方法でやれば大丈夫です。

  • Windows標準搭載の「フォト」で動画作成
  • 有料動画作成ソフトはいろいろあるが、まずは無料のものから

完成した自己紹介動画はこのとおりです。

ブログランキングに登録しました。1日1回、ぽちっと応援よろしくお願いします。


備忘録・雑記ランキング

一般
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました