『人生について星が教えてくれること』の感想 十二星座の覚え方

書籍(占い)

『人生について星が教えてくれること』(Saya著、筑摩書房)という本を図書館から借りてきました。

今日はその感想と、星占いで使われる十二星座の覚え方について説明します。

1. 本書のメインターゲット

本書は20代~40代の女性をメインターゲットにしたものです。

LESSON1~3に分かれており、LESSON1「星を知る、自分を知る」LESSON2「星を育てる」LESSON3「見つけたいあなたの『おはなし』」となっています。

2. 星を知る、自分を知る

LESSON1では、「星を知る、自分を知る」というタイトルで、占星術の基本的な仕組みを説明しています。

本に説明されている事柄に、私がネットで調べた情報をもとに、お話しします。

まず星占いで使われる「黄道十二星座」ですが、これは先日の記事
で詳しく説明しました。

これとは別に、「黄道十二宮」というものがあります。

黄道十二宮とは、黄道帯を春分点を起点として30度ずつ12等分したものです。

以下、十二宮について説明します。

たとえば十二宮の白羊宮では、太陽がおひつじ座にあったことを表しますが、歳差のため、現在の太陽の位置でいうとうお座に当たります。

つまり、おひつじ座は占星術では3月21日から4月19日生まれを指しますが、このときに太陽があるのは現在ではうお座ということです。

以下同様に、元々の黄道十二宮と、現在の太陽の位置とを比べたものを列挙します。

参考 デジタル大辞泉

黄道十二宮は、
・白羊(おひつじ座→うお座)
・金牛(おうし座→おひつじ座)
・双子(そうし)(ふたご座→おうし座)
・巨蟹(きょかい)(かに座→ふたご座)
・獅子(しし)(しし座→かに座)
・処女(おとめ座→しし座)
・天秤(てんびん)(てんびん座→おとめ座)
・天蝎(てんかつ)(さそり座→てんびん座)
・人馬(いて座→さそり座)
・磨羯(まかつ)(やぎ座→いて座)
・宝瓶(ほうへい)(みずがめ座→やぎ座)
・双魚(そうぎょ)(うお座→みずがめ座)

の12宮。

占星術では、生まれた日が黄道十二宮のどの宮にあったかで、誕生星座を決めています。

3. ワンネスという考え方

LESSON1を読んで私が感銘を受けたのは、

あなたが生かされているということが、宇宙には必要だからなのです

というところです。

私は宇宙の法則、無限の力によって生かされている、といつも思っています。

あなたも「ワンネス」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

「どんな小さな一つにも意味がある」という考え方です。

ああ、私は病気をしているけれども、私にも存在価値があるんだ、とあらためて感じました。

4. 十二星座の覚え方

十二星座の覚え方について、「教えて!goo」で面白い記事があったので、引用します。出典はこちら

ひつじうし,ふたごかにしし,おとめの座
てんびん誘いて,やぎ水と魚
(解釈例)
ある動物園の情景。
羊と牛を掛け合わせた「ひつじうし」や,蟹と獅子をかけあわせた「かにしし」の双子などの珍動物が一杯いる。
そこに客としてやってきた美しい一人の乙女。
てんびん君という男性に「一緒にお食事でもいかがですか」と声をかけた。
と,レストランで,「体にいいやぎ水」と,魚料理を,二人で仲良く食べている。

4. 星を育てる

LESSON2は「星を育てる」です。

星を育てる」ってどういうこと?  という疑問がわくでしょう。

誰もが心のなかに星の種を持っているのです。

そして大人になるにつれて、種が育ち、 人生が展開していきます。

誰でも、何歳になったとしても、 その時点での「可能性」というものが あると私は思います。

星の力を頼りに、自分の人生を 切り拓いていく、これが 「星を育てる」ということの 意味だと受け止めました。

それにしても自分の心の中に星があるとは、なんともロマンチックな言い方ですね。

本章では20代、30代前半、30代後半、 40代から、の4つに分かれてレッスンが 示されています。

冒頭で「20代~40代の女性向け」と書いたのはこのような意味です。

5. 見つけたいあなたの「おはなし」

そして最後のLESSON3では、 「見つけたいあなたの『おはなし』」 として、日々の小さな幸せをつむぎ、 素敵なできごとを引き寄せる ということについて述べられています。

「いい大学をでて、いい会社に勤める のが幸せ」 というのが世間の「おはなし」です。 ここから離れて自分にとっての幸せを 見つけることが大切です。 「あなたはあなたにしかなれないし、 それが素敵なことなのをどうか、 忘れないでくださいね」

ここで「幸せ」というキーワードが出てきたのでお伝えします。

私は今、心理カウンセラーのmasaさん(@masa_counselor)という方のメルマガを読んでいます。

その中に、「自分が今、どんな幸せをすでに与えられているのか」を毎日10個リストアップするというワークがあります。

例えば昨日の私が書いた10個は以下の通りです。

1. 妻が元気だ
2. ご飯がしっかりと食べられている
3.入浴してリラックス
4..風呂上がりの炭酸水がおいしい
5.毎月お小遣いをもらっている
6.パソコンがある
7.スマホでメルマガを読んでいる
8.YouTubeで音楽を聴いている
9.冷房の効いた部屋にいる
10.眠る布団がある

以上です。どうです? これくらいならあなたも書き出すことができるでしょう。

幸せを意識することにより、さらに幸せな状況を引き寄せる。

父さん
父さん

引き寄せの法則とはこういうことだな

母さん
母さん

日々の幸せに感謝したいですね

 

6. まとめ

以上、『人生について星が教えてくれること』の感想について述べてみました。

ポイント

  • 黄道十二宮と黄道十二星座とは異なる
  • 誰でも心の中に星を持っている
  • 幸せなことを考えると幸せを引き寄せる

(アイキャッチ画像:セーレムさんによる写真ACからの写真)

書籍(占い)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!