ジューンブライドの由来や意味は? メリット3つ

06月

昔から、ジューンブライド(6月の花嫁)は幸せになれると聞きますよね。でもどうしてそうなったのか、意味を知っていますか? 今回は、これから結婚しようと考えているあなたに、ジューンブライドについて説明します。

1. ジューンブライドの由来

1-1. ローマ神話の女神JUNOの説

ジューンブライドの由来は海外にあったのですね。

一番目にあげるのが、英語で6月を表すJUNEの元となった古代ローマ神話の女神JUNO(ジュノー)に由来するという説です。

ローマ神話の前、ギリシャ神話の時代。主神ゼウスは、神々と人間の守護神として扱われていました。その妻が女神ヘラ。

ヘラは子どもに恵まれて、女性と子どもを守る神として、敬われていたのです。

そしてローマ神話に取り入れられたとき、ゼウスはユーピテル、ヘラはジュノーと名付けられました。

幸せな家庭生活を営めるようにしてほしいと願う気持ちが、ジュノーへの信仰につながり、6月に結婚したカップルは幸せになれるといわれたのです。

1-2. 結婚が解禁になる月という説

かつてのヨーロッパでは、結婚できない月があったのです。

それが毎年3月から5月。

なぜこの時期に結婚してはいけなかったのかというと、農作業がもっとも忙しい時期だったからです。

結婚というイベントを行なうと、農作業の妨げになる、という理由でした。

そして、結婚を決めたカップルが、この結婚禁止期間を過ぎて、6月になると一斉に結婚式をあげるようになったというのが、ジューンブライドの由来の二つ目です。

1-3. ヨーロッパの季節の説

これは、ヨーロッパで、6月というのが一番過ごしやすい時期と考えられていたため、という説です。

ヨーロッパでは6月は雨が少なく、過ごしやすい季節でした。

花嫁が着飾り、周りから祝福を得るのに、雨の少ない季節が選ばれたということです。

2. ジューンブライドの日本での始まり

日本でジューンブライドが流行りだしたのは、1960年代後半といわれています。

6月は梅雨で、結婚式場にとっては式を挙げる人が少ない時期。

なんとかこの時期にお客さんを呼び込もうと、「海外にはジューンブライド」という言葉があります」と宣伝を始めたのがきっかけだとか。

3. ジューンブライドは入籍だけでいい?

ジューンブライドについて調べていくと、入籍を6月に行ない、挙式は別の月にすることで、梅雨対策ができるという情報にであいました。

確かに、入籍が6月なら、「ジューンブライド」といって間違いはなさそうです。

父さん
父さん

でも挙式と入籍は一緒にしたいな

母さん
母さん

人それぞれの考え方があっていいんじゃないでしょうか

4. ジューンブライドのメリット3つ

それでは、ジューンブライドのメリットを3つ説明します。

第一は、「費用が安くて済む」ということです。

結婚式場側も、挙式の数が少なくなるため、6月は割安料金で提供しているところがあります。

挙式選びに、十分時間をかけて、自分たちにベストな時期を選びましょう。

第二は、「気温が暑くも寒くもない」です。

結婚式は、本人たちはもちろん、お客さんも、どんな服を着ていくのか迷うところです。

6月といえば、暑すぎず、寒すぎずで、着る服に制限を受けないということが言えるでしょう。

第三は「海外挙式に向いている」点です。

いま、結婚式は、二極分化しているといえます。

海外挙式など、豪華なものにするのがひとつ。

もうひとつは、結婚式などを行なわず、身内だけでお祝いをするというものです。

これは当人たちの考え方しだいですから、どちらがいいとか悪いとかいう問題ではありません。

そして海外挙式を考えているのなら、6月は過ごしやすい季節だといえます。

5. まとめ

以上、ジューンブライドの由来や、メリットについて見てきました。

私の娘は一昨年結婚しましたが、結婚式は挙げませんでした。

婚約指輪も買わず、代わりに今後、冠婚葬祭に使える、パールのネックレスをプレゼントしてもらいました。

キリスト教式の結婚式を挙げて、「花嫁の父」の役をやりたいという気持ちがかすかにありましたが(笑)、むしろ仰々しいイベントにせずに、簡素なお祝いにしてくれたので感謝しています。

参考

仏滅でも結婚式をあげたほうが離婚率は低い!?仏滅割引でお得に
なんと驚くことに、仏滅も含めて、結婚式をあげたカップルのほうが、何もしていないカップルより離婚率が少ないというデータがあるのです。
結婚式の準備は何ヶ月も前から念入りに準備して

人気ブログランキングはこちら

06月
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!