口下手で会話が続かない悩みをもつ方へ~吉田式グングン会話術

実用

あなたは会話上手でしょうか、それとも口下手でしょうか? 仕事の場面、家庭の場面、コミュニケーションは必須です。無理に口下手を変えろとはいいませんが、最低限、必要な会話はできるようにしておいたほうがいいです。

1.吉田式グングン会話術

口下手な人も、練習すれば必ず会話はうまくできます。

『吉田式グングン会話術』吉田照美(藝神出版社)という本があります。今日はこの本を紹介します。

まず、好きな話し方をマネしてみようというポイントです。

自分のキャラクターに似ていて、この人の話し方、上手だし好感もてるなと思える人。上司、友達、タレント、政治家。(p54)

そうですね、私が思うのは「池上彰さん」でしょうか。
わかりやすくものごとを説明してくれて、親切な人なんだなというのが印象です。
口下手とは真逆ですね。

2.口下手で話し相手がいない

しかし。ここで問題があります。

私は普段から引きこもりなので、口下手を治そうにも、話し相手がいないのです。

せいぜい妻と話すくらい。母は認知症なので話が通じません。悩みどころです。

妻と話すときは、喜んでもらえるような話し方を工夫します。

先日、ある本をネット注文してほしい、と妻から言われました。私はたやすくアマゾンでその本を見つけ、注文しました。

そして、本が届きました。

妻に、「いつも認知症の母の面倒をみてもらっているから、本代ただでいいよ」といいました。喜んでもらえたようです。

いつかの土曜日。夕食後、流しに使い終わった食器が置いてあります。

妻は和室でうとうとしています。
私は意を決して、皿洗いに取りかかりました。

すると後で、「お皿洗ってくれてありがとう」と言われました。

この一言がうれしいんですよね。

反対に、私のパジャマを洗濯してくれたとき。
「パジャマを洗濯してくれてありがとう」と言いました。

口下手を言い訳にせず、ささいなことですが、日頃から会話でいい関係を築く努力が必要です。

3.会話を始めるきっかけは意外なところから~悩みの必要なし

マイノリティの権威になれ。どんなくだらないことでも、権威になるぐらい詳しくなる。面白いものの見方ができる人は、背景に「何か夢中になった形跡」がある(p78)

口下手を悩み、無理に直そうとしなくていいのです。

なにか興味を持つことを探し、それこそ「権威」になるのです。そうすればあなたがポツリとつぶやいた話にも、相手が会話にのってくる可能性があります。

そして、インターネットの時代。

あなたと同じ趣味を持っている人は、この世の中に必ずいるはずです。

それこそツイッターで探せば、会話できる同好の士を見つけることができるでしょう。

ツイッターの世界に「口下手」はありません。悩みもないのです。

別にツイッターは収益を目指すところではないので、日常の日記をつづってもいいのです。
口下手であるという悩みを持つ必要はありません。

その人と話している間に、新しい話題がでてくるかもしれません。
そしたらその話題をメモしておいて、次に誰かと会話しないといけなくなったときに、思い出して活用するのです。

自分がツイートして、返信をもらえるのはとてもうれしいです。ネット上の会話ですね。

4.まとめ

口下手な人へのアドバイス。まず「人のマネをしろ」。それから「その道の権威になれ」。
この二つです。

私がいつもツイッターで交流している人に、7年間ネットビジネスの経験がある方がいます。7年間ですよ? 普通そんなに続きませんて。

でもその人は確実に「権威」です。普段はギャグの効いた会話をしながら、裏ではバッチリ稼いでいるのですね。

こういうツイートをしたらどう返してくるだろう、とその人との会話を思うと楽しくなってきます。

リアルの世界の会話でも同じです。背伸びをする、悩みを抱える必要はありません。等身大のあなたでいいのです。

でも「ここぞ」というときに上手な会話ができれば、あなたの口下手という悩みは消えて、株は上がるでしょう。
そのためには会話の「ネタ」を仕入れておく必要がありますね。

〇今日の名言

目標を達成するには、
全力で取り組む以外に方法はない。
そこに近道はない。
(マイケル・ジョーダン)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

実用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!