神木隆之介の病気って何? 子役からの成長は順調でなかった?

テレビ

auのCMですっかり人気者になった神木隆之介さん。

実は子どものころ、めずらしい病気にかかっていました。

今回は神木隆之介さんの病気と現在に至るまでを説明します。

1. 神木隆之介プロフィール

名前:神木隆之介(かみきりゅうのすけ)
生年月日:1993年5月19日(25歳)
出身地:埼玉県
身長:168 cm
血液型:B型
職業:俳優、声優

神木さんは、2歳の時にCMデビューをしています。

1999年(6歳)でテレビ『グッドニュース』でドラマデビューを果たしました。

子役の人って、芸能界で長生きしていくことがむずかしいけれど、神木さんは25歳にいたるまでいろいろな場面で活躍しています。

2. 神木隆之介の病気とは

神木隆之介さん自身が、小さいころ病気にかかっていた、とテレビで告白しました。

そのときには、「消化器系の病気」「生存率1%」としか紹介されず、病名は明らかにしていませんでした。

その後の調べにより、「ナルコプレシー」というめずらしい病気ではなかったのかといわれていました。

「ナルコプレシー」とは、睡眠障害の一種で、日中、眠気に襲われてしまうという病気です。

しかし、神木隆之介さんの病気が「ナルコプレシー」だったというのは単なるうわさでした。

もし「ナルコプレシー」だったら俳優活動などできないことになります。

なぜこのようなうわさがたったのかは明らかではありませんが、めずらしい病気であるという理由からそういわれたようです。

3. 現在は目の病気?

また、神木隆之介さんは、目の病気にもかかっているとうわさされました。

それは「斜視」ではないかということです。

確かに写真をみるとそのようにもみえるのですが、本人が告白していないこと、またこれも単なるうわさにすぎないということで、「目の病気」ではないようです。

仮に病気だったとしても、日常生活に支障をきたすようなものではありません。

4. 病気の役柄も多い

それにしても生存率1%からの生還とは奇跡としかいいようがないでしょう。

神木隆之介さん本人は、病気のことは覚えていない、と説明しています。

自身の病気とは関係ないでしょうが、病気の役柄を演じることもあったそうです。

2009年のドラマ「赤鼻のセンセイ」では、ぜんそくの子どもという役柄でした。

父さん
父さん

それにしても、生まれつきの病気はどうやって治ったんだろう

母さん
母さん

本人が覚えていないのだから、ふれないでおきましょう

本当に生まれつきの病気が治ったとしたら、たとえば手術したのかとか、疑問がわいてきます。

しかし手術をすれば跡が残りますので、そこからわかるでしょう。

はたしてどうやって治ったのかはわかりません。

5. 病気は順調に回復した

神木隆之介さんは、子役から現在にいたるまで、特にブランクという期間はありません。

小さいころの病気で、現在活動が制限されているというわけでもありません。

ということで、順調に育ったといってよいでしょう。

6. 中居正広との関係

面白かったのが、神木隆之介さんと中居正広さんとの関係です。

お二人は20年前に共演しているそうです。

そして神木さんは「中居ちゃん」と呼んでます、といっています。

中居正広さんは現在46歳ですから、神木さんから「ちゃん」づけで呼ばれるのを恥ずかしがっているようです。

7. 神木隆之介の学歴

神木隆之介さんは、堀越高等学校を卒業しています。

堀越高等学校は、トレイトコースと呼ばれる、芸能人対応のコースがあることで有名な高校です。

神木隆之介さんは、大学には進学していません。芸能活動に専念したようです。

8. まとめ

以上、神木隆之介さんの病気と活躍状況について説明してきました。

私は自分が病気であるため、神木隆之介さんが病気を克服したということにとても感銘を受けます。
親しみもグンとわきました。

現在難病にかかっている人、あきらめないで!

人気ブログランキングはこちら

テレビ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました