カレンカーペンターが若くして命を落とした病気は? 結婚していた!

テレビ

2019年4月5日(金)19:00~(TBS)で爆報THEフライデーのスペシャル版が放送されます。

1970年代頃に一世を風靡したカーペンターズの、兄、リチャード・カーペンターが出演します。

今日の記事では、若くして亡くなった妹カレン・カーペンターについて調べてみました。

1. カーペンターズプロフィール

カーペンターズのプロフィールは以下のとおりです。

出身地:アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス
活動期間:1969年~1983年

  • 兄 リチャード・カーペンター
  • 誕生日:1946年10月15日(72歳)
  • 担当:ピアノ、バックコーラス
  • 妹カレン・カーペンター
  • 誕生日:1950年3月2日
  • 没1983年2月4日(32歳)
  • 担当:ボーカル、ドラム

2. カレンが命を落とした病気

カレン・カーペンターが32歳の若さで命を落とした病気。それは拒食症からくる心不全でした。

拒食症と過食症を合わせて摂食障害といいます。

拒食症とは、身体的な病気がないのに、精神的な理由から、食事がとれなくなってしまう病気です。

日本では難病に指定されています。

カレンは、マスコミから「ちょっと太っている」といわれたのをきっかけに、やせることに執心してしまいます。

ダイエットをして、痩せているのに、「まだ体重を落とさなければならない」という観念にとらわれ、食事をとらなくなってしまうのです。

3. 拒食症は何科にかかればよいのか

では話を現在に移します。拒食症を治療するには何科にかかればよいのでしょうか?

答えは精神科か心療内科、子供の場合は小児科や児童精神科です。

拒食症の場合、本人に病気であるという自覚がないため、周りの者が注意深く観察して、病院へ連れて行く必要があります。

4. カレン・カーペンターは結婚していた

カレン・カーペンターは、1980年、30歳のときに結婚しています。

相手は不動産業のトーマス・バリスです(当時39歳)。

残念ながら夫はカレンの病気を治そうという意欲がなく、結婚した翌年に別居しています。

1982年、カレンは拒食症を治そうとして、ニューヨークの病院へ通います。

1983年、カリフォルニアに戻り、離婚の手続きをとることにしました。

1983年2月3日、午後から離婚届に署名する予定でした。

ところがその朝、心肺停止状態になり、病院へ運び込まれました。

そのまま亡くなってしまったそうです。

結局離婚手続きはできませんでした。

もし離婚していたら、遺産が元夫に残されることもなかったでしょう。

5. 私とカーペンターズ

カーペンターズが活躍した1970年代、私は小学生~中学生でした。
中学生の時、よくカーペンターズを聴きました。

そして今から数年前、カーペンターズのことが懐かしくなり、ベスト盤のCDを購入しました。

収録曲は、

  1. イエスタデイ・ワンス・モア
  2. スーパースター
  3. 雨の日と月曜日は
  4. トップ・オブ・ザ・ワールド
  5. 涙の乗車券
  6. ベイビー・イッツ・ユー
  7. オンリー・イエスタデイ
  8. 遠い想い出
  9. ジャンバラヤ
  10. 動物と子供達の詩
  11. マスカレード
  12. ラヴ・イズ・サレンダー
  13. メイビー・イッツ・ユー
  14. リーズン・トゥ・ビリーヴ
  15. ふたりの誓い
  16. クリスタル・ララバイ
  17. アイ・ビリーヴ・ユー
  18. 遙かなる影
  19. 青春の輝き
  20. 愛のプレリュード

です。

父さん
父さん

私がレコードを初めて買ったのは高校生のときだ

母さん
母さん

カーペンターズはラジオから録音して聴いていたのですね

6. まとめ

以上、カーペンターズのカレンについて、命を落とした病気と、結婚について説明してきました。

カレン・カーペンターは、拒食症の治療の結果、体重を元に戻すことができましたが、ひとたびやせすぎてしまったため、残念ながら心臓に負担がかかってしまいました。

拒食症は早期発見・早期治療を

人気ブログランキングはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました