国語 敬語の種類「知る」「行なう」「買う」の敬語は?

お役立ち・豆知識

ビジネスシーンでいろいろな方にお会いするとき、敬語が正しく使えないと、恥をかく結果になります。

今回は、敬語の種類や実際の例についてみていきましょう。

1. 敬語の種類

もうご存じのことと思いますが、復習です。

敬語には3種類+1種類あります。

第一は「尊敬語」。相手を敬うものです。目上の人について動作をあらわす言葉です。

第二は「謙譲語」。自分の動作をへりくだっていう言葉です。

第三は「丁寧語」。文字どおり丁寧にいう言葉です。

敬語というとこれら3種類であると説明されますが、もうひとつ、「美化語」というものがあります。

これは「ご飯」「お茶」のように、言葉の前に「ご」「お」をつけるものです。

2.敬語の具体例

それでは敬語の具体例についてみていきます。

2-1. 「知る」の敬語

「知る」の尊敬語 お知りになる、ご存じだ 謙譲語 存じる、承知する 丁寧語 知っています 「ご存じ」と「存じる」の違いに注意します。

2-2. 「行なう」の敬語

「行なう」の尊敬語 される、なさる 謙譲語 いたす 丁寧語 おこないます 「行なう」の尊敬語は、「なさる」「お・ご~なさる」「される」です。

例としては、「〇〇さんがお話をなさいました」「お話をされました」です。

目上の人なのに「お話をいたしました」というのは謙譲語になるので誤りです。

謙譲語は「プレゼンを実施いたします」などです。

「行なう」の謙譲語を「させていただく」と説明されることがあるのですが、自分の行為なのに「点検させていただきます」というと、いちいち相手の許可がいるようにとらえられます。

相手の意志を問題にするのではなく、自分から行なう行為をするとき、正しくは「点検いたします」となります。

丁寧語は難しくないでしょう。「行なう」なら「行ないます」です。

2-3. 「買う」の敬語

「買う」の尊敬語は お買いあげる、お求めになる、お買い求めになる 謙譲語 なし 丁寧語 「買います」です。

謙譲語がない理由を説明します。

自分が買い手で、相手を敬いたいとき、売買は買い手が尊敬されるべき関係にあるので、優位な自分に対して敬語を使うのはおかしいのです。

また、相手に買ってあげたことを第三者に伝えるには、「買ってさしあげた」というように使います。

スポンサーリンク

3. 敬語の本

アマゾンで「敬語の使い方」と検索してみると、1位になった本が『 なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方 (ディスカヴァー携書) 新書 』です。

特に若いビジネスパーソンならば、手元に一冊おいておくと便利でしょう。

父さん
父さん

敬語は間違って覚えていることがあるからな

母さん
母さん

ビジネスマナーとして必要ですね

4. 敬語のサイト

インターネットにも、いろいろな敬語のサイトがあります。

たとえば「マナラボ

には敬語の例が記載されています。

私も「こんな言葉があるのか」と勉強になりました。

ざっと目を通しておくだけでも違うでしょう。

5. まとめ

以上、敬語について、具体例を見ながら解説してきました。

よい人間関係を結ぶためにも敬語は必須ですね。

ポイント

  • 敬語は尊敬語、謙譲語、丁寧語、美化語
  • 具体例で敬語を学ぼう
  • 時間のある時、ネットで検索も〇

(アイキャッチ画像:oldtakasuさんによる写真ACからの写真)

お役立ち・豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!