『幸運力が高まる生き方』の感想!アファメーションの力

幸運 辛口

『幸運力が高まる生き方』(ウィリアム・レーネン著、中経の文庫)を読みました。良いところ9割、良くないところ1割といったところでしょうか。

1. 著者は「幸運力」を手に入れている

まず良いところから説明しましょう。

著者は、実際に「幸運力」を受け取っています。

そのエピソードについて説明します。
2002年、著者は左足を骨折する大きな事故に遭いました。そして手術をうけたのですが、手術が原因でMRSAという難病に感染してしまいます。

医者は、「もう二度と歩けないだろう」と言ったそうです。

しかし著者は、スピリチュアルな知識でこれを乗り越えます。
毎日「私は癒やされる準備ができています」というアファメーション(宣言)を唱えました。その結果、足に障害が残りましたが、歩けるようになったのです。(p4)

2. 私も「幸運力」を手に入れたい

私は現在、統合失調症ですが、この「幸運力」を会得して、治りたいと考えています。
ちなみに、統合失調症は完治することはなく、日常生活に支障のでない「寛解」という状態になれるということです。

3. 在宅勤務という幸運

私は、もう仕事で外出することはできないと思っています。

在宅で収入を得ることができればいいなと考えているのです。

具体的には、Webライターという、インターネット上の様々な媒体に原稿を書く仕事です。

そしてクラウドソーシングといって、文章を書いてもらいたい企業や個人と、文章を書くライターの仲介にたってくれるサイトがあります。

そこに登録して、文章作成の業務を請け負うわけです。

といっても、今の私に文章作成能力があるわけではありません。

4. Webライター養成講座

おもしろいことに、そのクラウドソーシングサイトに、Webライター養成のための文章講座があるのです。

100円とか200円とか、ごくわずかの収入をもらって、文章の練習をします。2か月間でWebライターになれる、という案件です。

私はさっそく応募しました。そして、応募期限が、2週間ほど先です。

そこで、本にならい、アファメーションを唱えることにしました。

「私は文章講座を受け取る準備ができています」
「今日は、新しい一日です。この新しい日は光と愛に満たされています」
「私は、新たな経験をする準備ができています。今までとは異なる経験を楽しむことができます」

アファメーションは一日に何度も唱えていいということです。

5. トンデモなところ

良くないところの1割とは、「トンデモ」なところがある点です。

「トンデモ」とは以下のとおりです。

現実や常識から逸脱した趣旨・内容、荒唐無稽な主張などを含むものを指す

出典:実用日本語表現辞典

この本は「トンデモ」なところを含んでいます。そこが冒頭に述べた良くないところです。

具体的にみていきます。

まず、アメリカのシャスタ山が、地球外、地球内のUFOの発着基地であると述べています(p196)。

またシャスタ山の地下には、レムリア大陸というものがあって、レムリア人はおよそ220cmのも背丈があると書かれています(p192)。

そしてシャスタ山は富士山などとトンネルでつながっていて、レムリア人は自由に行き来できるとのことです。

私はこれを読んでがっかりしてしまいました。こういう記述があると、本全体の信頼性の問題にかかわってきます。

父さん
父さん

気を取り直して、いいところだけを学ぼう

母さん
母さん

全体としてみれば、いい本ですものね

6. まとめ

あなたも、なにか願い事があるなら、アファメーションを活用してみませんか。

詳細について学びたいかたは、本書を手に入れてみてください。

ポイント

  • アファメーションで幸運力が高まる
  • トンデモなところがあるのが残念

(アイキャッチ画像:RRiceさんによる写真ACからの写真)

辛口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!