統合失調症で生きるのが辛い!薬を増やされた

薬 診察

昨日は4週間に一度の通院日。私は統合失調症にかかっています。

朝8時15分に家を出て、病院へ向かい、帰ってきたのが12時15分。

昼食をとり、パソコンを開きましたが、ぐったり疲れて、作業を始めることができませんでした。

そして14時近くになってようやくこのブログの原稿を書き始めました。

スポンサーリンク

1.生きるのが辛い

私の診察の順番がきました。どうですか、と聞かれ、「毎日ではないんですが」と前置きして、「生きるのが辛いんです。いつも命が削られているような気分になります」と答えました。

その後睡眠、食事、心配ごとなどについて聞かれ、特に思い当たるふしはないと言いました。

先生は「最悪の状態をマイナス10として、今はどのくらいの気分ですか」と尋ねました。

「マイナス5でしょうか」と私は答えました。「う~ん」と考え込んでしまう先生。

「前回、抗うつ剤を増やしたけど、もう1錠増やしてみましょうか」と提案され、「お願いします」と頼みました。

ミルタザピン15mgを2錠だったのが3錠に。これで眠る前に飲む薬は10錠になりました。

2.次回は3週間後に

先生から「ちょっと心配だから次回は4週間後ではなく3週間後にしましょうか」と提案され、私は承諾しました。

実は2週間後、息子の結婚式が行なわれるのです。

息子達は2020年2月にすでに入籍していました。

そして結婚式は5月の予定でした。

しかしコロナの影響により、10月に延期したのです。

新郎の父とは結構大変な役割のようです。来週、最終の打ち合わせをする予定です。

私と妻は前の晩から式場のあるホテルに泊まることにしました。

本人達も、そして娘夫婦と孫も、同様に前の晩泊まるそうです。

上の娘が結婚したときは結婚式をあげなかったので、今回が私にとって初めての子どもの結婚式となります。

そしてなんと前日が娘の誕生日

夫婦2人で夕食をとりたいからと、孫を預かることになりました。

3.なぜ生きるのが辛いのか

ではなぜ「生きるのが辛い」のでしょうか。

これは自問自答しようとしても答えがでてきません

ただし、数か月前から、心の状態が悪くなっています。

一時は入院前の症状の再来か、と思わせるできごともありました。

幸い頓服の抗不安薬で乗り切ることができました。

ですので今回の診察でも頓服の抗不安薬を出してもらいました。

4.診察に行くと疲れる

私は引きこもりで、ほとんど外出することがありません。

家にいるときは1日8時間パソコンの作業をすることも珍しくありません。

それでも特別疲れたと感じることはないのです。

ですが外出するととたんに疲れます。診察に行くのがイヤなのも、疲れるせいです。

駅からの帰り道はいつも、とぼとぼと歩きます。

普通に歩いている人に追い抜かれていきます。

私は「息子の結婚式の日は、栄養ドリンク必須だな」と思いました。

5.妻には話していない

「生きるのが辛い」ということを妻には話していません

よけいな心配をかけたくないし、話したからといってどうなるものでもないからです。

今(9月29日)妻は在宅勤務で、テーブルでパソコンを打っています。

そのキーボードを叩く音がうるさくて気にさわります。

かといってこれもなにも言いません。

父さん
父さん

言ったからどうにかなるというものでもないしな

母さん
母さん

それはそうですが……

6.生きるのが辛いことがわかる人

(とここまで原稿を書いたところ、疲れが限界に達して、昼寝することにしました。ほぼ1時間眠りました)

この世の中で、「生きるのが辛い」という気持ちがわかる人はどれくらいいるのでしょうか。

統合失調症は100人に1人といわれますが、その中で「生きるのが辛い」と考えるのは一部の人だけだと思います。

結局治すのは自分次第でしょう。

「生きるのが辛い」と思えても「あ~またいつものが始まったよ」と第三者目線でみることができれば、辛さも半減するのではないでしょうか。(注記:翌朝に追記 ごはんを食べて、お風呂に入ったら気分よくなりました)

「生きるのが辛い」人は医師に相談する
疲れたら休む

ブログランキングに登録しました。1日1回、ぽちっと応援よろしくお願いします。

備忘録・雑記ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました