浅見帆帆子アメブロ 『あなたは絶対! 守られている』

スピリチュアル

この記事では、浅見帆帆子さんの『あなたは絶対! 守られている』という本の紹介をします。
統合失調症にかかって、「なんと自分は運が悪いんだろう」と思ったことはありませんか?

運、不運について、「自分のまわりに起こることは、良いことも悪いこともすべて自分で決めることができる」と聞いたら、あなたは驚くでしょう。

『あなたは絶対! 守られている』という本を読むと、私たちを守ってくれるものについて知ることができますよ。

1.あなたを守ってくれる力

浅見帆帆子さんのアメブロは、『あなたは絶対! 運がいい』です。

この本は、『あなたは絶対! 運がいい』の続編です。

この本の冒頭では、

タイミングの良いラッキーなことが続いて生活が変わってくるのは、(略)自分の精神レベルを上げてきたからこそ起こっていることなので、もちろん自分の意識のパワーですが、それだけではなくて、わたしたちを守ってくれる「プラスアルファの力」があるからだと思います(p6)

と述べられています。

精神レベルを上げると、良いことしか起こらなくなるのです。

では、精神レベルを上げるにはどうしたらよいのでしょうか。

・日常生活の小さなことにイライラしたり、すぐに小言を言ったりしない
・家族、友人、まわりの人々と円満に過ごす
・まわりの人に寛大になる、親切にする
・その時、目の前にあることに全力を尽くす(p17)

これを私たち統合失調症の者についてあてはめてみると、

・病気になったことに文句を言うのではなく、淡々と受け止める
・周囲の人と言い関係を持つ(医師、家族、仲間)
・目の前のこと(今の私であればブログを書くこと)に全力を尽くす

となります。

そして、「誰にでも、いつも守ってくれる見えない力があるのです。
どんな人も、どんな時でも守られているのです」と著者は述べます。

自分の意識レベルの高さだけではなく、目に見えない「守ってくれる」力の存在が、私たちの望むことを引き寄せてくれるのです。

2.人生で、自分自身の力は20%、守られている部分が80%

統合失調症で苦しんでいる人は、「なんで自分はこんなにヒドい目に合わなければならないのだろう」と思うこともあるでしょう。私もそうです。

しかし、入院していた時に比べれば、症状は落ち着いているといえるのではないでしょうか。

私もつい、抗不安薬(頓服)に頼ってしまうことがあります。
でもできるだけ頓服のお世話にならないように心がけています。

無職とはいえ、障害年金と妻のパート収入で生計をたてています。

旅行など、ぜいたくはできませんが、つつましく、かつ日々を楽しく生活することはできています。

これも目に見えない力が私を守ってくれているおかげです

ある人は、自分自身の力は20%、守られている部分が80%と述べているそうです。

朝、作業所に出かけて、夕方、無事に帰れた。
私は作業所すら通えませんが、一日大過なく送ることができる。こういった一見当たり前のように見えることにも、守られている部分があるからこそできていることがらなのです。

人生、何が起こるかわかりません。

私は今56歳ですが、さくらももこさんが53歳で、乳がんで亡くなったというニュースには愕然としました。自分より若くして亡くなっていく人がいると思うと、今日一日、生かされたことに感謝しようと思えてきます。

「守られている」と信じるのも信じないのもそのひとの自由です。

しかし、どうせ人生をうまく生きるコツがあるなら、その考えを取り入れてみるのもひとつの手ではないでしょうか。
「守られている」と感じることは、心に平安をもたらしてくれます。

3.やってくることで、意味のないことはない

どんな時でも、やってくる話、ものごとは、その時の自分に必要な情報なのです(p109)

あなたや私が病気であることにも、必然性があるのです。

私は今、精神科を含めて4つの病院に通っていますが、それでも、意味のあることがらなのです。

落ち込んだときは、楽しくなる仲間を見つけることが大切です。

Twitterで、私、ヒロハッピー@hirohappy117をフォローしてください。私がどういう人たちと絡んで、どうやって気分のコントロールをしているかがわかります(ちょっと宣伝)

あなたの身にふりかかることがらで、意味のないことはないのです。

こうして私のブログを読んでいらっしゃるのも、なにかのご縁で導かれたことなのです。

先日私は、うつ病のかたに、Twitterで、自分の置かれた状況について相談をしました。

すると、無理に毎日更新しなくてよい、とのアドバイスを受けました。このご縁も「守られている力」に引き寄せられた結果です。私はこころがラクになりました。

Twitterに流れるタイムラインから、その人の発言を見つけたのも偶然。といいたいところですが、これも実は意味のあることがらだったのですね。

そこで私は、ブログのターゲットを「うつ病・統合失調症の方、その家族の方」に絞り込むことに決めました。

私には普段付き合っている友人というものがいません。

かつて働いていたころの友人は、私の病気が長引くと、私のところから去っていきました。スマホの番号も、メールアドレスも変えられて、連絡することができません。
年賀状のやりとりだけはしているので、手紙を出すことはできるのですが、暑中見舞いを描いても返事は来ません。

返事のこない相手にハガキを出すなんて、無駄なことをしているように思えますが、私が満足できるので、返事をもらえなくてもよいのです。

4.まとめ

小さな器でも、プラスのパワーでいっぱいにして精神レベルを上げておけば、守りのパワーも重なって、運命も開けていくのだと思います(p145)

私は、自分の精神レベルはまだ低いのだろうなと考えています、

私の幸せは、病気が治ることですが、統合失調症は完全に治ることのない病気だといわれています。高血圧、糖尿病などの病気と同じように、慢性症状が続くものではないでしょうか。

それでも散歩をしたり、体操をしたりして、わずかでも体を動かすことに気を配っています。

今年の夏の暑さは本当に厳しく、外に出るのも一苦労です。
作業所に通っている方は、本当にえらいと思います。自分を大いにほめてあげてください。

そして、もって生まれた器というのは、大きい人も小さい人もいます。

器が小さくても、プラスのパワーを満たしておけば、大きな器でマイナスのパワーがいっぱいな人よりも幸せになれるのです。

ですので、自分の器の大きさを心配することはありません。そして毎晩、眠りにつくときに、「自分は大いなる力によって守られている」と念じて、その力に感謝することが大事です。

私もiPodにこのようなセリフを吹き込んでおき、眠る前に聞くようにしています。

きっと、歩みは遅いけれど、徐々によい方向にむかっていくのだな、と実感できる日が
やってくるはずです。

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

スピリチュアル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!