人生の目標アンケート 昭和生まれと平成生まれの違い

考え方

ちょっと古いニュースになりますが、「人生における夢や目標」について、面白い調査結果がありましたのでお知らせします。

1.人生における夢や目標

「人生における夢や目標」を持っているかどうかというアンケートを、昭和生まれ(52歳~59歳)と平成生まれ(20歳~28歳)との両方にした結果です。

ソニー生命が2018年5月に発表しました。

それぞれ500人ずつの男女について調査したものです。

その結果、昭和生まれでは、「人生における夢や目標を持っている」と答えたのが45.6%、
「持っていない」と答えたのが54.4%でした。

一方の平成生まれでは、「持っている」と答えたのが55.6%、「持っていない」と答えたのが44.4%となりました。

2.昭和生まれと平成生まれの違い

昭和生まれでは「夢や目標を持っていない」のが多数派。
平成生まれでは「夢や目標を持っている」のが多数派。

この違いはどこから来ているのでしょうか。

昭和生まれは、歳をとってしまったから、夢や目標をなくしてしまったのか。

だとしたら残念な話です。

私はバリバリの昭和生まれですが、「夢や目標」はあります。

年齢がいくつになっても、「夢や目標」を持っていることが大切だと考えます。

3.平成生まれの回答にほっとした

平成生まれの人たちが、「夢や目標」を持っていると答えたのには、うれしくなりました。
これからの社会を背負っていく人たちに、「夢や目標」がないようでは、さすがにさびしくなります。

雇用、医療、年金など、社会をとりまく問題は数え切れません。

たとえどんなに厳しくとも、「夢や目標」を持っていてもらいたいです。

小さな夢でもいいですし、「これから社会を変えてやる」という大きな夢でもいいと思います。

たとえば「介護」の問題。

私たち昭和生まれが、将来介護が必要になったとき、支えてくれるのは平成生まれの人たちです。

これから10年、20年先の未来がどうなっているのかは想像もつきません。

しかし私たちが今、親の介護という課題に向き合っていて思うのは、自分が介護されるようになったらどうなるだろう、ということです。

親を介護しながら、つくづく考えます。

4.まとめ

ちょっと話がずれてしまったかもしれませんね。
将来に向かって「夢や目標」を持つことの大事さを、わかってもらいたいです。

一人ひとりの「夢や目標」が、社会を変えていくことにつながるでしょう。

私は50歳代半ばの昭和世代です。
今は毎日を生きるのが精いっぱいです。

病気で職にもつけず、収入は年金だけ。

しかしものごとをポジティブにとらえるのか、ネガティブにとらえるのかは、自分で選択できることがらなのです。

「夢や目標」があるからこそ、一歩一歩進んでいけるのだと思います。

○今日の名言

みんな、
私の着ているものを見て笑ったわ。
でもそれが私の成功の鍵。
みんなと同じ格好をしなかったからよ。
(ココ・シャネル)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!