統合失調症でモチベーションが上がらない!どうする?

モチベーション 対処法

私は統合失調症です。昨日は提出用のブログを書き、
今日は自分用のブログを書く予定でした。

ところが昨日はうまく書き始められたのですが、
今日はモチベーションが上がりません。

こんなときはどうしたらいいのでしょうか。

対策を考えてみます。

1. 薬を飲む

朝食をとりパソコンでひととおりの作業を終えて、

いざブログを更新しようというときになりました。

しかしうまく始めることができません。

そうしている間、だんだんと不安が増してきました。

まず大事な点は、

自分は病気の症状でこのようにモチベーションが

落ちているのだ、ということを認識する必要があるということです。

そこで、抗不安薬(頓服)を飲むことにしました。

ロラゼパムという薬です。

不安症状がさらにひどくなりましたが、

「薬が効き始めれば必ず治る」と信じるようにします。

そしてなんでもよいのでブログの作業を始めます。

薬を飲むことに抵抗を感じる人も多いと思いますが、

私の場合は頓服薬がよく効くので、薬も必要なものだ、と受け止めています。

2.原因をさぐる

続いて不安になる原因を考えてみます。

唐突ですが私の妻の母親は90歳になります。

遠方に住んでいるため、様子をみるために妻がちょっと立ち寄るということができません。

そして母は妻と30分前に電話したことを覚えていないのです。

たぶん認知症一歩手前の軽度認知障害でしょう。

なにか問題があるたびに妻が遠方まで出かけていくのが大変なので、

母がうちのマンションの近くにアパートを借りることにしました。

そして私のマンションに妻の母が来るのが今日なのです。

引っ越しは11月3日なのに、10月31日から泊まりにくるのです。

私は妻に理由を聞くことができませんでした。

しかし妻の母が私のマンションに泊まるということがストレスになっているのは間違いありません。

引っ越しの当日、またはせいぜい前日に来ればいいのに、と思います。

私は自由なふるまいを妨げられるのがいやなのです。

3.それはコントロール可能か?

では、妻の母が今日来るということは、私のコントロールが可能なことでしょうか。

違いますね。

もう規定事項です。

私がどう思おうと、今日来るのは事実なのです。

それが私としてコントロールできることがらではないので、そのまま受け止めなければなりません。

私にコントロールできるのは私の気分だけです。

単に3日間だけがまんすれば済むことです。

4.原因と結果

今読んでいる『ザ・マスター・キー』という本に、こんなことが書いてあります。

あらゆる思考は原因であり、あらゆる状態は結果なのです。望ましい状態を引き寄せたければ、自分の思考をコントロールしなければなりません。

まず、「モチベーション」とは「思考」であり、コントロールが可能なことであると認識するところから始まります。

私が「モチベーションが上がらない」と自己暗示をかけてしまうと、それが実現するのです。

そして、話は脱線しますが、このブログの原稿を書き進めているうちに、だんだんと薬が効いてきました。

なので統合失調症で病院に通っているかたは、症状を説明して、抗不安薬を処方してもらうといいでしょう。

5.あとは個別対策

その後は個別対策になります。

音楽を聴く。冷たい(または温かい)飲み物を飲む。

昼食時間まで待つ。

軽く運動する。散歩する。

本を読む。午後に仮眠をとる。

あなたが、自分にとって効果があると思われることがらをすればよいのです。

父さん
父さん

体を動かすのはいいかもしれないな

母さん
母さん

気分転換の方法をいくつかもっておくとよいですね

6.まとめ

以上、統合失調症の人が、モチベーションが上がらないときに、どう考えたらよいのかということについて説明してきました。

とにかく手を動かすことです。

苦労をしているのはあなただけではありません。私も同じです。

ポイント

  • 必要なら薬を飲むことをいとわない
  • あらゆる思考は原因であり、あらゆる状態は結果

(アイキャッチ画像:studiographicさんによる写真ACからの写真)

対処法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!