Mステ時間変更でJr.出演できず ジャニーズに仕返し?

テレビ

テレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション(Mステ)が時間変更となることが発表されました。

これにより一部のジャニーズJr.が出演できなくなることになります。

ミュージックステーションとジャニーズ事務所の関係はどうなるのでしょうか。

1. ミュージックステーションとは

ミュージックステーションとは、1986(昭和61)年から続いている番組です。

毎週金曜日20時の放送が、2019年10月から、21時スタートの放送へと変更になるのです。

ではミュージックステーションとはどんな番組かふりかえってみましょう。

メイン司会者は、1986年10月24日から1987年3月27日まで、関口宏さんでした。

1987年4月3日から現在まで、タモリさんがメイン司会者を務めています。

タモリさんの生年月日は1945年8月22日で、現在74歳ですが、なんと41歳のときから司会を務めていることになります。

2. ジャニーズJr.とは

ジャニーズJr.とは、ウィキペディアによると、ジャニーズ事務所に属しているメンバーのうち、公式サイトで単独ページをもっていない人や、CDデビューを果たしていない人のことを指すそうです。

2016年7月現在で、東西合わせて300人います。

東西とはジャニーズJr.と関西ジャニーズJr.のことです。

以前記事で紹介した「東京美少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんと那須雄登(なす・ゆうと)さんはともに17歳です。

3. テレビ局の自主規制

現在、テレビ局では、15歳未満の21時以降の生出演を自主規制しています。

これからはミュージックステーションには15歳未満の人は出演できなくなります。

そこで、ジャニーズJr.には、ジャニーズのバックダンサーとして出演する15歳未満の人がいるのです。

かつては毎週のようにジャニーズのタレントが出演していたこともありました。

15歳未満の人たちがバックダンサーとして出演できなくなると、必然的にジャニーズのタレントも出演が減ることが想像できます。

4. 公正取引委員会がジャニーズ事務所に対して注意

かつてこのブログでも記事にしたとおり、公正取引委員会がジャニーズ事務所に対して注意したことがありました。

その内容は、ジャニーズ事務所をやめた稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人について、テレビ局に出演させないようにした、というものです。

ひょっとすると、これ以外にもジャニーズ事務所からのテレビ局に対する圧力があったのかもしれないです。

果たして、これらに対しての反発でミュージックステーションが時間を変えるのどうかは明らかではありません。

しかし、ミュージックステーションとジャニーズ事務所との間で、なにかトラブルがあったのかもしれないという可能性は捨てきれません。

父さん
父さん

芸能界というのはわからないところだな

母さん
母さん

父さん、それ前にも同じこと言ってますよ

5. 裏番組は中居正広の「金スマ」

金曜日の21時から放送となると、裏番組はTBS系の「金スマ」です。

中居正広さんが出演している番組です。

果たしてテレビ朝日側に勝算はあるのでしょうか?

ミュージックステーションは、若い歌手にとっては、あこがれの人気番組です。

2019年8月19日から8月25日までの週のテレビ視聴率をみてみると、音楽番組としてはミュージックステーションが3位で、6.0%となっています。

ニュースやドラマに比べると低い視聴率なんですね。

6. まとめ

以上、テレビ朝日「ミュージックステーション」の時間変更と、ジャニーズJr.への影響についてみてきました。

ポイント

  • ミュージックステーションが21時開始に変更
  • 15歳未満のジャニーズJr.は出演できない

参考

https://utsutoushitsu.com/ukinasu.html
(アイキャッチ画像:ys358さんによる写真ACからの写真)

テレビ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!