ネガティブツイートと統合失調症について

症状

昨日は、気分良く作業ができました。風邪気味でしたが、市販薬を飲んで対処しました。

そして今朝は5時に起きたのですが、絶望感にさいなまれました。

このように、日によって気分が変わるのが統合失調症の特徴です。

1.統合失調症という病気

私は来年で統合失調症になってから9年になります。

その前にうつ病を8年経験しています。

現在の主な症状は、不眠、不安です。

そして今朝のように、「もうなにもかもめんどくさい。生きていてもしかたがない」と考えてしまいます。

午前8時半、不安感が強くなってきます。

頓服の抗不安薬ロラゼパム0.5mgを飲みます。

今の生活に不満があるわけではありません。

三度の食事、温かい布団。これ以上何を望むというのでしょうか。

2.Twitterとの付き合い

私は毎朝「おはようツイート」をします。

今日はあやうくネガティブツイートをするところでした。

ネガティブツイートの何がいけないのか。それは、読んだ人がいやな気分になるという点です。

なぐさめてもらいたいという気持ち、いわゆる「かまってちゃん」になる可能性があります。

私のフォロワーさんにいつもネガティブツイートをする人がいます。

「気の毒だな」と思いはしますが、めったなことが無い限りリプは返しません。

3.書けば実現する

あなたは「書けば実現する」という言葉をきいたことがありますか。

あなたの現在の状態は、あなたが考えたことからできているのです。

ネガティブな言葉を発すれば、ネガティブな現実を引き寄せる。これは真理です。

なので私はネガティブツイートをぐっとがまんして、名言の引用で今朝のおはようツイートを行ないました。

これなら読んでいやな気分になる心配はありません。

そして「今日は休養日にしよう」と決めました。

パソコンをセーブして、紙の本を読みます。

パソコンでの作業は、やろうと思えばいくらでも出てくるので、自分でシャットアウトするしかないのです。

4.私がTwitterを続けるわけ

昨日の投稿に、以下のようなものがありました。

私はぐっと心を動かされ、涙がでてきました。

「これだからTwitterはやめられない」とツイートしました。

世の中捨てたもんじゃないな、と思えました。

5.抗不安薬ロラゼパムが効き始めた

ロラゼパムを飲んで30分。効いてきました。

0.5mgという、あの小さな粒の中に、どんな成分が含まれているのかは知りません。

それでも効くから不思議です。

もうこれで、今日ネガティブツイートをすることはないでしょう。

父さん
父さん

現代の医学は進んでいるな

 

母さん
母さん

その恩恵を受けられることも幸せですよね

6.ハッピーノート

話はそれますが、スマホアプリで「ハッピーノート」というものがあります。

その日の良かったことを3つ書くようです。

とりあえず今日の1番目のところに「朝、抗不安薬が効いた」と書きました。

2番目は「ハッピーノートをインストールした」です。3番目は夜に書きます。

7.まとめ

以上、統合失調症という病気と、ネガティブツイートをしてはいけない理由について考えてみました。

このブログを投稿したら、パソコンをシャットダウンします。

  • おはようツイートでネガティブなものは避ける
  • 書けば実現する
  • 抗不安薬ロラゼパムが効く
  • ハッピーノートというアプリがある

(アイキャッチ画像:まつなが ひでとしさんによる写真ACからの写真)

症状
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!