お知らせ&統合失調症で眠れないときの対処法

対処法

1.お知らせ

このブログは、説明文にあるとおり、2003年にうつ病、2011年に統合失調症を発病した筆者のものです。

今までブログ開設以降、本の紹介をメインにして、肝心の統合失調症についてはあまり触れていませんでした。
このたび、昔の記事を残しつつも、より統合失調症に軸足をおいたブログへと変更することにいたしました。

そのため、今までの記事にあった「統合失調症の目」は無くします。

「○今日の名言」は残します。名言に心を救われることもあるのですから。

本の紹介も、「それが統合失調症患者にとってどのような意味を持つのか」という視点から行ないます。

2.統合失調症で眠れないときの対処法

ここからは「早朝覚醒」の対処法について述べます。

昨日、7月3日(火)の朝は、午前4時半に目が覚めました。
Twitterで、サッカーワールドカップの日本戦が行なわれていることを知りました。

妻も起きてきて、二人でテレビを見ます。

日本2-2ベルギーのところから見ました。まさかのロスタイムでの失点。
ちなみにこの時のテレビの瞬間視聴率は関東で42.6%だったそうです。

それにしても残念でした。でもTwitter上では、その日一日、日本のプレーをほめたたえる声もあり、精いっぱいやったのだなと感じました。

3.早朝覚醒の頻度

手帳に起床した時間をメモしているのですが、それによると、6月26日(火)、6月27日(水)、7月2日(月)、7月3日(火)と、一週間に2回のペースで早朝覚醒していることがわかります。

以前は、起きてすぐ朝食をとり、もう一度布団に入るという「二度寝」をしていました。
しかしそれはやめて、起きてしまうことにしました。

ただ、午前中体調が悪く、10時頃コンビニへ出かけて、ドリンク剤を飲みました。

4.早朝覚醒への対策

早朝覚醒はなぜ起こるのでしょうか。次回の診察日、主治医に聞いてみようと考えます。

今、思い当たるのが、「昼間の運動不足」が原因の一つではないかということです。

一日中パソコンの前に座りっきり。出かけるのはコンビニ、歩数にして1500歩。あまりにも少なすぎます。
かといって、いくら日傘があるといえ、長時間屋外で散歩するのは厳しい。
そこで、今日は室内でできる運動をしようと思います。詳しくは明日の記事で紹介します。

5.まとめ

統合失調症であっても、笑顔をたやさずに生きていきたい。妻を大切にしたい。山積みになった文庫本を読みたい(笑)と、いろいろとやりたいことがあります。

これから統合失調症の方、うつ病の方、そのご家族に役立つブログにしていきますので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

○今日の名言

充実した一日が幸せな眠りをもたらすように、充実した一生は幸福な死をもたらす。
(レオナルド・ダ・ヴィンチ)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

対処法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!