二度寝する方法、三度寝する方法~統合失調症の症状(早朝覚醒)

症状

この原稿を書いているのは9月24日(休日)の午前中です。今朝は、二度寝はおろか、三度寝をしてしまいました。私の二度寝は普通の人とはちょっと違うようです。

一般論としていえば、効果的な二度寝をするには、いったん部屋を明るくしたあと、10分後くらいにアラームをセットして、眠るのがよいといわれています。

1.二度寝の定義

まず、「二度寝」とはどういうものか、確認しておきましょう。

Wikipediaで調べます。

二度寝(にどね)とは、目覚めた後に間を置かずにもう一度寝てしまうことである。

たとえば時計のアラームの音で、いったん目が覚めた後に、また眠ってしまうことをいうようです。

yahoo知恵袋で「二度寝」について調べてみます。

「二度寝をするとダルくなりますか」という質問に対して、次のような答えが載っています。

眠り始めて90分以内はノンレム睡眠です。
ノンレム睡眠では脳は
休んでいるので、起きた後も
その状態をひきずってしまいます。
これらの理由から、二度寝は
ダルさを引き起こします。

これはWikipediaにいう「二度寝」ともちょっと違うようですね。

たとえば休日などに、本格的に眠ってしまうことをいっているようです。

さて、私の二度寝は、目覚めた後に間をおかずに眠るというものではありません。

2.統合失調症の症状としての二度寝

「症状としての二度寝」というのも妙な言葉ですが、くわしく説明します。

まず、私は午前4時に目が覚めてしまいました。「早朝覚醒」です。

そして、音楽を聴きながら、「眠れるだろうか」と考えていました。

結局眠れずに、5時に起床しました。

そして朝食をとります。
もう一度眠るつもりなので、パジャマのままで過ごします。

そして朝食をとった後に布団に入るのです。

朝食をとった後、頭がすっきりすればいいのですが、残念ながら、ぼーっとしています。
なので、もう一度眠ることにしました。

今度は不思議なことにすぐに眠れます。そしてアラームなしで7時前に起床しました。

「症状としての二度寝」といったのは、「早朝覚醒」を起こしたからなのです。

Wikipediaでいわれる、ちょっと目が覚めてまた眠る、というわけではないのです。

3.初めての三度寝

7時に起床して座椅子に座ります。

まだ頭がぼーっとしています。気分もいささか悪いです。

そこで、座椅子に座ったまま、三度寝をすることにしました。

私は、二度寝こそ何回もしたことがありますが、三度寝は初めてです。

アラームを30分後にセットして、目をつぶります。

すると、まもなく眠ってしまったのですね。

これは30分ですから、本格的な睡眠というよりも仮眠でしょう。
布団に入るのではなく、座椅子に座ったままですからね。

仮眠から目が覚めると、ようやく頭がはっきりとしてきました。

体を目覚めさせるために、軽く運動をします。

そしておもむろにパソコンを開き、作業を開始します。

このとき聴くのがYouTubeのBGMです。

爽やかな朝にぴったりのクラシックベスト【心地の良い音楽~作業用BGM/勉強用BGM】

ぜひ「お気に入り」に入れて、今度の休みの日の朝に聴いてみてくださいね。

4.まとめ

平日の「二度寝」は、部屋を明るくして10分程度眠るのがよさそうです。

そして、目を覚ましたら、軽く体を動かしましょう。ストレッチでもなんでもよいのです。

お勤めしている方にとって、朝は貴重な時間ですから、運動をする時間がないかもしれません。5分でもいいので、体を動かすことが大切です。

午前3時とか、4時とか、「早朝覚醒」が続くようだったら? うーん、難しいですが、病院へ行ったほうがいいかもしれません。
「早朝覚醒」だけでなく、ゆううつ感、不安感、などがあったらこころの病気かもしれませんので。

○今日の名言

名もない草も実をつける
いのちいっぱいの花を咲かせて
(相田みつを)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

症状
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!