のこのこバーってどんなとこ? ネットの精神障害者交流会

対処法

あなたは「のこのこバー」というものを聞いたことがありますか?

インターネットを使った、精神障害者の交流の場です。

昨日、初めて参加したので、その感想などについて説明します。

1. のこのこバーを知ったきっかけ

私が「のこのこバー」を知ったきっかけは、Twitterでした。

こんなツイートがありました。

ネットで当事者会? しかも無料? いったいどんな場なんだろう?

主催者の松浦(まつら)さん@tsuchinokonokoz のツイートを見て、2019年5月16日(木)14:30~開催されることを知りました。

のこのこバーには昼の部と夜の部があるのですが、夜の部は妻が家にいるため、私は参加できません。ですので、昼の部に参加しました。

2. のこのこバーは「zoom」を使う

「のこのこバー」でチャットするには、「zoom」というソフト(アプリ)が必要となります。

「zoom」はあらかじめインストールしておかなくても、ホストからの招待URLをクリックすると自動的にインストールされます。

私はスマホではなくパソコンを使いました。

「ヒロハッピーさんは初めてですね。自己紹介をお願いします」と振られたので、挨拶をしました。

「読書が趣味です」といったら「どんな本を読んでいますか」と聞かれました。

そこで、「今はHappyさんの『3日後「引き寄せ」日記』を読んでいます」といいました。

ちなみに招待URLはまつらさんのツイートに掲載されます。

3. のこのこバーの感想

「のこのこバー」に参加した感想です。

本当に簡単に、交流の場に参加できることが新鮮でした。

というのも、私は引きこもりで、病院とコンビニくらいしかでかけません。

しゃべるのは妻とだけです。

残念ながら私には、作業所に通う気力も、体力もありません。

せめて散歩でも、と思いますが、実際に行くのは近くのコンビニです。

ほとんど家にいるといっていいでしょう。

「のこのこバー」で「何か話したいことはありますか」と聞かれましたが、「初回なので聞き役にまわります」といって、自分からは発信しませんでした。

4. どんな人がいるの?

「のこのこバー」は精神障害者の当事者会なのですが、一目見て「あ、この人障害者だな」という人と、一見、「どこが悪いんだろう」と思える健康的な人もいました。

40分×2回でしたが、実際にしゃべるのは5~6人です。

後できくところによると、20人以上参加していたとのこと。

「のこのこバー」では発言だけでなくテキストチャットもできるのですが、初回だったため、そちらまで目を配ることができませんでした。

5. これからどうするか

「のこのこバー」はまだ1回参加しただけですが、これからも参加したいと思いました。

何回か話す中で、メンバーさんのことを知るようになれるでしょうし、仲良しの人ができれば楽しくなるでしょう。

ちらっと思ったのですが、最初は「聞き専」(聞き役専門)でもいいのかなと考えました。

また、私は「ヤフーチャット」で育った世代なので、テキストチャットに慣れています。

今の時代、話すことが当たり前なのでしょうが、テキストチャットの魅力も捨てがたいです。

父さん
父さん

それにしても無料でつながれるんだからいいな

母さん
母さん

いいものを見つけましたね

6. まとめ

以上、簡単でしたが、「のこのこバー」について説明してきました。

よく偶然にこのツイートを見つけたな、と思うかもしれませんが、世の中のできごとは「すべて必然」です。

なので、私が「のこのこバー」を見つけたのも、必然なのです。

この出会いを大切にして、ゆるりと「のこのこバー」を活用していきたいです。

あなたも孤独な障害者なら、交流の場に出てきませんか

人気ブログランキングはこちら

(アイキャッチ画像:RRiceさんによる写真ACからの写真)

対処法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!