お金持ちが財布を開く前に必ずすること

実用

『お金持ちが財布を開く前に必ずすること』午堂登記雄(メディアファクトリー)を図書館から借りて読みました。

この記事は、お金持ち(小金持ち?)になりたい方へ消費と投資の違いについて説明するものです。

1.お金持ち~消費と投資の違い

一口に「お金を使う」といいますが、
これには「消費」と「投資」という違いがあります。

これを意識するだけで、あなたのお金の使い方が変わるでしょう。

消費になるとは、(略)「買うことで自分が満足して、
それで終わり」というもので、自分の人生に特に前向きな変化を与えないお金の使い方を指します。

投資になるとは、(略)「お金が増えた」という直接的な成果だけでなく、「能力が高まった」「人脈が増えた」「信用が増えた」など、自分の人生の可能性が広がる結果をもたらしてくれる
(p5)

そしてさまざまな「消費」と「投資」をあげています。

宝くじを買うのは「消費」
一流レストランでの食事は「投資」
新聞を読むのは「消費」
ビジネス書を読むのは「投資」
お父さんのお小遣いは「投資」
自分へのご褒美は「消費」
長財布に変えるのは「消費」etc.

2.お金持ち~「消費」と「投資」のバランスが大事

そしてここからは私の意見になりますが、
「消費」を一切やめて、「投資」に
お金を使うというのはオススメできません。

両者のバランスをとることが大事です。

自分へのご褒美は「消費」とありますが、
目標をたてて、結果を出した時、自分へご褒美を与えることは
決して無駄なことではないでしょう。

3.著者紹介

1971年生まれ。米国公認会計士。
2006年、2015年に会社設立。

資産運用やビジネススキルに関する
セミナー、講演でも活躍。

4.まとめ

自分のお金の使い方が、「消費」なのか、「投資」なのかを意識することは大切なことです。

「投資」は意識してやらなければできないものだからです。

細かいことで恐縮ですが、私はマンガ雑誌を買うのをやめました
1冊400円程度を節約するのは細かいことかもしれません。

しかし、その400円で、アマゾンの中古本を買う方が、
自分のためになると考えた結果そうしたのです。

自分で支出をコントロールするということですね。

 

先日読んだ本で、ネットビジネスで稼いだお金は投資をしろと書いてありました。
ここでいう投資は、FXとか、株式取引というわけではありませんよ。

そうですね。もし稼いだら何に使いましょうか。
ってまだ稼いでいないのに考えても仕方な~い。

今日の名言

有能な者は行動するが、
無能な者は講釈ばかりする。
(バーナード・ショー)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

実用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!