お納めください ご査収ください 本当に正しく使えてますか?

お役立ち・豆知識

仕事をやりとりする中で品物を送ったり手紙・メールを書く機会って多いですよね。

そんなとき、言葉をうろ覚えのまま使っていたのでは、「マナーをよく知っていない人だな」と思われてしまいます。

今回は、「お納めください」と「ご査収ください」とを取り上げてみます。

1. お納めくださいの意味

まずは「お納めください」の意味をみていきましょう。
「納める」とは受け取るという意味ですから、「お納めください」というのは受け取ってくださいということをへりくだっていう言葉です。

そして「受け取る」わけですから、なにか渡すものがある場合に使います。

たとえばお中元、お歳暮などです。

相手を尊敬するわけですから、目下の人や部下に使う言葉ではありません。

贈り物するときに、渡す側が「お納めください」といったとき、受け取る側は「ちょうだいいたします」と返事をすることになります。

2. ご査収くださいの意味

続いて「ご査収ください」の意味です。これは手紙・メールなどに使われる言葉です。

「どうぞ受け取って、ご確認ください」という意味です。

そして、なにか調べるものがあるときに使います。

手紙の内容だけでなく、資料を渡したときのように、その内容を確認する必要がある場合にも使います。

調べる必要がない軽微なものについては、「お受け取りください」で十分です。

そして受け取った側の返事としては、「確認いたしました。問題はございませんでした」といった具合になります。

3.手紙の場合には「お納め」「ご査収」どちらを使うか

では、品物ではなく手紙の場合に「お納め」と「ご査収」はどう使い分けるのでしょうか。

原則として、「お納めください」というのは品物があるときに使います。

手紙に「お納めください」と書くのは、特に相手が確認を必要とするまでもない、定型の手紙を受け取ってくださいという意味になります。

通常は、手紙・メールの場合は「内容を確認することをお願いする」という意味を持ちますから、「ご査収ください」の方がいいでしょう。

父さん
父さん

意外と知らないで使っていたな

母さん
母さん

これからは大丈夫ですね

4. 「ご査収」の類語「ご笑納」

「ご査収ください」の類語に、「ご笑納ください」があります。

読み方は「ごしょうのう」です。

「ご笑納」は、「つまらないものですが笑ってお受け取りください」という意味になります。

この「ご笑納」は、目上の人に使ってはいけないという説があります。

仕事上の手紙で「ご笑納ください」と書くことはあまりないでしょう。

わざわざ使い慣れていない言葉を使うより、「お受け取りください」と書いた方が問題がないです。

親しい人にお中元・お歳暮を贈るときに「ご笑納」と書くのは大丈夫です。

5. 例文

では以下に例文を示します。

  • 「本日、別便にてお中元を贈らせていただきましたので、お納めください。」(目上の人や取引先へ)
  • 「書類を同封させていただきましたので、ご査収ください」(確認の返事をもらうために)
  • 「ささやかなものですが、贈らせていただきましたので、ご笑納ください」(親しい人へ贈り物するときに)

6. まとめ

以上、簡単に、「お納めください」「ご査収ください」「ご笑納ください」の使い分けについて書いてきました。

ケースバイケースで、適切な言葉が使えるよう、意味を正しく把握しておきましょう。

手紙・品物、目上・目下、ビジネス・カジュアルで使い分けよう

人気ブログランキングはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました