お正月の折り紙 簡単だるまさんの作り方 だるまさんってどんな人?

01月

お正月の折り紙にはいろいろなものがありますが、今回は「自立するだるまさん」を作る方法について説明します。縁起のいいだるまさんを簡単に作れますから、お子さんと一緒に挑戦してみてください。

1.折り紙のだるまさんの作り方

折り紙のだるまさん

それでは折り紙のだるまさんの作り方です。

まず、1枚の折り紙を用意して、8×8のマス目を作ります。

半分に折って、下の辺が真ん中の線に来るように折ります。上の辺も同様に折ります。

だるま1

裏返して、さらに下の辺が真ん中に来るように折ります。上の辺も同様です。

だるま2

折り目がついたら開いて、90度になるよう回します。そして同じ方法でマス目を作ります。

マス目がついたら、まず一番上の辺を下に折り、右のマス目3つめのところからななめに折ります。

だるま4

同様に、左側も折ります。次に、一番下の辺を上に折り、てっぺんのマス目2個分のところに合わせて上に折ります。

線を引いたところをすべて谷折りにします。

表に返して、右側の、今付けた谷折りのところを中に折りこむようにします。

左側も同様に折ります。裏を折ると、立たせることができます。

以上で完成です。

詳しい折り方は動画をご覧ください。

【自立する】折り紙で簡単なだるまさん Origami Daruma(カミキィ kamikey)

2.だるまさんの由来

知ってました?だるまさんの由来

達磨(だるま)とは・・・南インドのタミル系パッラヴァ朝において

国王の第三王子として生まれ、禅宗を開祖しました。

378年に生まれ、528年11月2日に

150歳で亡くなったと言われています。

150歳で亡くなったとは……すごい伝説ですね。

達磨大師は、壁に向かって9年間、座禅を行って

手足が腐ってしまったとの伝説があり、その結果、

手足のない置物が作られるようになりました。

いずれも「「だるま(ダルマ)さん」って誰?・なぜ赤いの?・目がないの?」からの引用

私の妻の実家に、「面壁九年(めんぺきくねん)」と書いた掛け軸がありました。義父が書いたものです。(義父は書道の先生でした)

だるまさんが壁に九年向かったように、辛抱強く努力することを意味しています。

私はだるまさんについて、なにか願い事をして、それが叶ったら目を入れる、と思っていました。それも間違いではないのですが、お正月に、だるまさんに目を入れて、その年の幸福を願う、という風習もあるそうです。

達磨(だるま)は、仏教の歴史上、活躍した人物だといわれます。最澄、空海など、宗派の開祖と呼ばれる人たちがいますよね。その仲間のひとりだそうです。

では達磨は具体的に何をしたのでしょう。
達磨は、インドから中国へ仏教を伝えた人だといわれています。

そんな人が「だるまさんがころんだ」とか「だるまさん、だるまさん、にらめっこしましょ」などと、遊びの中に取り入れられているというのも、考えてみれば不思議な話です。

だって他の高僧が遊びに関係している例なんてありますか?

3.まとめ

だるまさんの由来を知ることで、これからだるまさんを見たときに「自分も一つのことに集中して努力をしなければ」と思うようになるでしょう。

なにかひとつのことを、辛抱強く続けてみましょう

関連記事>お正月の折り紙 梅を簡単に 梅にまつわるいろいろな話

関連記事>お正月の折り紙 立体の門松の作り方 門松の値段と由来

○今日の名言

しなやかな心は恵まれている。
それは決して折れることがないのだ。
(アルベール・カミュ)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

01月
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!