ものの見方が変わる「パワーコンセプト」って何?人気ブログ?

実用

『パワーコンセプトの技術』村山涼一(講談社)を購入しました。

発行は2007年。

「コンセプト」という言葉はよく
聞きますが、あなたはどのように
理解しているでしょうか。

1.「パワーコンセプト」の意味

著者は「はじめに」で、コンセプトに
ついて定義しています。

ものの見方が変わることを
パーセプション(知覚)の変容と
いい、これを起こさせる
一言のメッセージをコンセプトと
呼ぶ。
(p10)

そしてすぐれたコンセプトを
「パワーコンセプト」と呼び、
本書でその構造の理解と、
それをつくれる方法について説明
しています。

ここに「ブログ」という補助線を
入れます。

ブログを読むことにより、ものの
見方が変わる
としたら、そのブログは
人気ブログといって差し支えない
でしょう。

本書は5章からなります。

第1章は「コンセプト」について。

第2章ではヒット商品を解読してヒット要因を求める。

第3章ではヒット要因を加工して
新しい意味を設計する。

第4章、5章では新しい意味を
変換してコンセプトにする
という構成になっています。

「新しい意味」とは、消費者が
潜在的に欲求していることです。

本書全体を紹介するのは私の
力量を超えていますので、第1章、
第2章について考えたことについて
述べます。

2.コンセプトは「気づき」を起こさせるもの

まずは消費者が潜在的・顕在的にもつ
欲求についてです。

消費者を「ブログ読者」に置き換えます。

たとえば、あなたがブログを
カスタマイズしていて、わからない
ことが出てきたとします。

どうもブログの設定方法・表示方法が
わからない。

これを知りたいというのが「欲求」です。

問題が発生したときはgoogleで検索
しますよね。

たとえばWordPressのテーマ、
Simplicityのスマホ表示がうまく
いかない。

現在のブログはスマホからの流入が
多いため、スマホでの表示は大切です。

そして「Simplicity スマホ」で
検索します。

するといろいろな方法がヒットします。
それを見ながら直していくわけです。

そして新しい気づきを得るのです。

3.ちきりんさんのブログを分析してみる

あなたは有名ブロガー「ちきりん」さん
のことをご存じでしょうか。

「社会派ブロガー」を名乗って
いらっしゃいます。

特徴を並べます。

・ヘッダー画像に特別なこだわりはない
・更新頻度は多くない
・1記事の内容がかなり充実している
・スマホからアクセスすると、記事
一覧が表示され、アイキャッチ画像
などはない

では本書の「ヒット商品解読シート」
で分析してみましょう。

まずは「形態」。
見た目→ヘッダー画像はシンプル
ネーミング→タイトルに工夫の跡が
見られる
内容物→記事コンテンツが独特の
視点を持っていて、読者をうならせる

USP(ユニーク・セリング・
プロポジション)=特長
→「うんうん」と納得させる記事の
内容になっている。気づきが得られる

次に「意味」。
機能的ベネフィット→読んで役に立つ
記事
情緒的ベネフィット→楽しい・
面白い・感心する
精神的ベネフィット→このブログを
読み続けたい

私は以上のような分析を
行ないました。

もしあなたがちきりんさんのブログを
訪問したことがないのなら、これを
機に訪れてみてはどうでしょうか。

ちきりんさんはすでに
多くの人に認められているため、
ヘッダー画像やアイキャッチ画像など
にこだわる必要がないのです。

4.ヒット商品の例

本書では、ヒット商品の例が
あげられています。(2007年時点)

・液晶テレビAQUOS
・ロケーションフリー
(ソニーのテレビチューナー。屋内
では無線LAN、屋外ではネットに接続
して、パソコンなどでテレビ放送を
再生できる)
・脳を鍛えるDSトレーニング
・ふわりんか
(機能性菓子。これを食べると
体臭が甘い香りになる)
・三菱アウトランダー
・ウコンの力
・TSUBAKI
・キッズケータイ

あなたも思い出がよみがえって
くるでしょう。

5.まとめ

この本では「パワーコンセプト」を
用いて、ヒット商品を開発するアイデア
について述べられています。

ということは、これを参考にすれば、
人気ブログ」ができるかも。

それにしても相当「頭に汗」を
かかないと、いいアイデアを見つける
ことはむずかしいでしょう。

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

実用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!