webライター未経験者がプロのライターになるにはこの本を読もう

文章術

この記事では、『<不良>のための文章術』永江朗
(NHKブックス)の紹介を行なっています。

あなたが統合失調症であろうとなかろうと、プロのライターとはどういうものか知っていて損はないですよね。

なぜなら、いわゆる作家でなく、ブログを書く人として、読み手に楽しんでもらえる記事を書くことが必要だからです。

1.プロライターとは

のっけから<不良>とは、「おやっ」と
思わせるタイトルですね。

著者は、まえがきで<不良>について
「プロ」とふりがなをつけて説明して
います。

<不良>は「不良品」の「不良」です。
(略)
美しく正しい文章なんて、退屈で
眠たくなるだけです。そんなものは
シロウトにおまかせしておけばいい。
プロは客を退屈させてはいけません。
(p12)

プロが書く文章は、読者主体です。
読み手にどれくらい楽しんでもらえるかが
勝負どころとなります。

2.プロ=不良なのか

プロを「不良」と呼んでいるように、
一見、ほかの文章術の本とは違って、
斜に構えた本のようにも思えます。

しかしそうではなく、しごく真っ当な、
また具体的なアドバイス
に満ちています。

著者の永江さんは、この本が出版された
2004年で、「20年間文章を書き続けて
いる」と述べています。

2018年の現在でも、永江さんは連載を
もっています。

ということは30年以上のキャリアが あることになります。

それだけ文章を書き続けたというのは、
著者の目が確かで、世間に受け入れ
られてきたということでしょう。

どんな読者層の雑誌かによって、
文章を書くニュアンスを変えています。

それも実力のある証といえます。

3.ライターになるには「本の紹介文」を書く

ライターになる練習としては、「本の紹介文」を書くことがあげられます。

たとえば、ブログネタに困ったときでも、自分が読んだ本を紹介すれば、
それで1記事になります。

ただし、引用には注意が必要です。

あくまでメインの内容があり、それを補足するものとして本の紹介文があるのです。

ですので、引用は記事全体の1割程度にしておくといいでしょう。

4.ライターへの道はきびしい

ここで、「ライター」とはどんなものを指すのでしょうか。

本の著者、ゴーストライター、コラムニスト、エッセイスト、雑誌の連載など、いろいろなパターンが思い浮かびます。

しかしプロのライターになるためには、それこそ何年、何十年という練習がなければなりません。

ブログライターはどうでしょう。

一見、自分の思ったことを書けばよいので、簡単そうにみえます。

しかしブログライターとして、人気のあるブログを作るには、「読んでくださった人のためになる記事」を書かなければなりません。

「俺のブログだ、俺の好きなことを書いて何が悪い」と感じた方は、どうぞその道をお進みください。

ですが、ブログに来訪した方の興味をひくことができれば、あなたのファンになってくれる可能性があるのです。

そうすればリピーターになってくれます。

だからブログライターというのは、誰でもなれそうでいて、実は奥が深いものなのですね。

5.プロのライターの仕事場

ライターさんの仕事場って、本や資料がうず高く
積まれている、という印象があります。

一般人である私にとって、本を買うお金も、
本を置くスペースもごくごく限られています。

この本も図書館で借りてきたものです。

手元に置いておきたいですが、スペースがありません。

せいぜい読書ノートをとるのが関の山です。

6.まとめ

これからブログ記事を書いていく前提として、文章術の本を読むことが欠かせません。

『<不良>のための文章術』を読むと、一歩踏み出すことができます。

ここのところ、(2018年7月20日現在)図書館へ行っていません。記事はもっぱら以前読んだ本の紹介を行なっています。読書ノートが役に立ちます。健康のため、近くではありますが、散歩をするようにしています。以前はついつい下向きがちに歩いていたのですが、気を取り直して、胸を張って歩くようにしています。

関連記事>ブログで相手に伝わる文章を練習しよう

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

文章術
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!