リカバリー 統合失調症でやる気が出ないときに効果的

回復 対処法

この記事では、「リカバリー」という考え方について説明します。
統合失調症の陰性症状として、「なにもかもやる気がでない」というのがありますよね。

そんなとき役に立つのが「リカバリー」という考え方です。

「リカバリー」という考え方で、「やる気が出ない」という陰性症状を緩和できますよ。

1. 私が「リカバリー」という考え方に出会ったきっかけ

私は、統合失調症の陰性症状で、「不安」「もうなにもかもやる気がでない」「生きていくことがつらい」と感じていました。

それで、「統合失調症 やる気が出ない」で検索してみました。

なにごともトライしてみるものですね。

リカバリー」という考え方に出会いました。

「リカバリー」とは、

「精神障害のある人が、それぞれ、自分が求める生き方を主体的に追求すること」

を意味します。

何より大切なのは、本人が、こういう生活がしたいという夢や希望を持ち、それを周囲が支えることです。

出典:NHKハートネット

この「夢や希望」というところに惹かれました。私の夢は、在宅で収入を得ることです。

2. 身体障害者のリカバリー

「リカバリー」という考え方は、身体障害者の間ではすでに広く行き渡っていたそうです。

あなたもテレビでみたことがあるでしょう。

足の膝下を切断した人が、義足をつけて、短距離ランナーになっている姿を。

身体障害者の場合、「身体を障害になる前に戻したい」と思っても無理なことです。

切断した足が元に戻るわけではありません。

それでも「義足」という方法で、ランナーになるという自分の夢を実現することができるのです。

もちろん夢を叶えるには、健常者以上の努力が必要ですが、まったく道がないわけではありません。

3. 精神障害者のリカバリー

精神障害者では、身体障害者ほど「リカバリー」が行き渡ってはいなかったそうです。

身体障害者なら、自分の夢が叶えられたかどうかを、客観的にみることができます。

しかし精神障害者の場合、一体全体どうすれば明るい考え方ができるのか、客観的にみることができません

どういう状態になったら「治った」といえるのかどうかがわかりません。

ちなみに正確にいうと「治る=回復する」ことと「リカバリー」とは違います。

先の身体障害者の例で示したように、「治る」というのが障害者になる前に戻ることであれば、それは実現できません。

障害があることを前提に物事を考えていかなければなりません。

精神障害者でも同様に、障害者になる前に戻ることはできないのです。

障害を受け入れて、それでもなお、夢や希望を持つことが大切なのです。

4. やる気がでないという陰性症状

私は、毎日ではありませんが、朝起きて、絶望感に襲われることがあります。

自分の生きている意味がわからない。

なにもかもイヤだ。

しかしそう言いつつ食事はしていますし、入浴もしています。

はたからみれば普通の生活をしているように見えます。

でも心の状態を外からみることはできません。

散歩にでれば気分転換になると思い、意を決して外にでますが、下を向いてとぼとぼと歩き、10分で行けたところが30分かかる。

歩いている人に追い抜かれていく。

とにかく外出が苦手なのです。

もう会社員や作業所で働くことは無理だろうなと思います。

5. リカバリーに出会って

「リカバリー」という考え方に出会って、なんだかやる気が出てきました。

統合失調症の人の中には、就労している人もいれば、子育てをしている人もいる。

病気だからなにもできないわけではない。

外出が無理なら、在宅でできる仕事を探してみよう。

「人は考えたとおりのものになる」という言葉があります。

とにかく考え方を変えてみることです。

自分ならできるという自信を取り戻してみましょう。

父さん
父さん

まず夢に向かって一歩踏み出すことが大事だな

 

母さん
母さん

そのとおりですよ。実行!

6. まとめ

私は統合失調症で働いている人のことを尊敬します。

本当に大変なことと思います。

しかし、私は私の道を進みます。

一日一日を大切に生きていきます。

ポイント

  • 精神障害者こそ「リカバリー」という考え方が重要
  • 自分の夢を描いてみる
  • 具体的な行動に落とし込む

(アイキャッチ画像:studiographicさんによる写真ACからの写真)

対処法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!