立春・立夏・立秋・立冬 2018と2019の比較 旧暦とは何か

一般

この記事では、立春・立夏・立秋・立冬の2018年と2019年の日付の比較、二十四節気について説明します。また、「旧暦」についても調べました。昔の暦に基づく、立春を初めとする二十四節気について、なにかと話題になることが多いですよね。その意味を知っておくと、役に立ちますよ。

1.立春・立夏・立秋・立冬の2018年と2019年の日付の比較

区分 2018年 2019年
立春 2月4日 2月4日
立夏 5月5日 5月6日
立秋 8月7日 8月8日
立冬 11月7日 11月8日

それぞれの特徴についてみていきましょう。

  • 立春 旧暦正月の正節 この頃から気温は上昇に向かい始める
  • 立夏 旧暦4月の正節 新緑があざやかになる
  • 立秋 旧暦7月の正節 風や雲に秋の気配が感じられる
  • 立冬 旧暦10月の正節 日の光が弱くなり、木の葉が落ちる

これらはいずれも「二十四節気」に含まれています。

二十四節気(にじゅうしせっき)とは 一年を春夏秋冬の4つに分け、さらに6つずつに分けたもののことです。

「節」と「気」(または「中」)があり、交互に並んでいます。
「節は季節を分けるもの、気は月の名前を定める」とされ、それぞれ正月節、正月中、二月節……十二月節、十二月中と区分されています。2×12で24になりますね。

正月節が現在の立春にあたります。

2.旧暦とは何か

ではこれらのもとになる旧暦とはどういうものでしょうか。

現在私達が使っている暦(グレゴリオ暦)は、太陽の動きをもとにして作られているため、「太陽暦」と呼ばれます。

一方、太陽暦が明治6年に採用される以前の日本では、月の満ち欠けをもとに、季節をあらわす太陽の動きを加味して作られた「太陰太陽暦」が使われていました。

一口に太陰太陽暦といっても、歴史の中ではたくさんの暦法(計算の規則)が使われてきましたが、太陽暦への改暦の直前に使われていた「天保暦」と呼ばれる暦法のことを、一般には「旧暦」と呼んでいます。

国立天文台のサイトから引用

旧暦・二十四節気を知るには『高島易断本暦』を購入しましょう。

またスマホアプリで有料(120円)になりますが「e六曜」というものがあります。

3.立冬について

この原稿を書いているのは、2018年11月9日で、立冬から2日たった日です。

立冬といいますが、東京の平均気温は2017年10月と11月でどれくらい違うものでしょうか。

10月の平均気温が16.8度、11月の平均気温が11.9度と、5度近く下がっています。

気象庁のサイトより

わが家では先日コタツを出しましたが、まだスイッチはつけていません。

父さん
父さん
今日はコタツに入っていても寒いな。

 

母さん
母さん
父さんは寒がりですね。

今日は雨が降っていて、コタツをつけていいほど寒くなっています。

4.立春・立夏・立秋・立冬の行事

続いて、立春・立夏・立秋・立冬の行事についてみてみましょう。

立春の行事

立春の日、お寺で門に「立春大吉」と書いた紙を貼ります。この文字を縦書きで読むと、左右対称ですね。一年間災難にあわないという願いを込めて飾るものです。

立夏の行事

梅雨入り前に豊作を願うため、田植えの行事が行われています。田植えの神様は男性なので、女性が行事を行なうとされているそうです。

立秋の行事

立秋ということで特別な行事はないそうですが、お盆の近くにあたるため、お墓参りなどが行なわれます。また立秋を過ぎると「暑中見舞い」が「残暑見舞い」になります。

立冬の行事

立冬ということで特別な行事はないようです。冬至の日に「かぼちゃ」を食べるとよいといわれているように、かぼちゃや白菜が旬を迎えます。

5.まとめ

以上、2018年と2019年の立春・立夏・立秋・立冬についてみてきました。

「立冬」を過ぎて、いよいよ寒くなります。ただでさえ出不精な私が、ますます外出したくなくなります。それでも認知症の母の介護など、出かけなければいけない用事があります。

また、よく「立春と言ってもまだ寒い」とかいいますが、「立春」は1年の始まりですから、寒いのは当然なんですね。

先に述べた『高島易断本暦』は、生まれ年による日々の運勢などが載っており、読むだけでも楽しいですよ。

『高島易断本暦』で二十四節気や運勢を知ろう

○今日の名言

経験を賢く生かすならば、
何事も無駄ではない。
(ロダン)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

コメント

error: Content is protected !!