坂井泉水(ZARD)の妹など紹介 亡くなった原因は?

テレビ
スポンサーリンク

2019年4月20日(土)NHK BS プレミアム  21:00~22:59に、ZARDの特番が放映されます。
『ZARDよ永遠なれ 坂井泉水の歌はこう生まれた』というタイトルです。

今回はZARDのボーカル、坂井泉水さんのプロフィールや妹について、また坂井泉水さんが亡くなった原因について見ていきます。

1. 坂井泉水さんプロフィール

坂井泉水さんのプロフィールは以下のとおりです。

  • 名前:坂井泉水(さかいいずみ)
  • 本名:蒲池幸子(かまちさちこ)
  • 生年月日:1967年2月6日
  • 出身地:神奈川県平塚市
  • 死没:2007年5月27日 (40歳)
  • 学歴:松蔭女子短期大学卒業

私が坂井泉水さんの曲で覚えているのは3曲です。

負けないで」「君がいない」「揺れる想い」(いずれも1993年)です。

「ZARD」とは、坂井泉水さんがボーカルを務めたグループでしたが、自然消滅してしまったようです。

坂井泉水さんはほとんどマスコミの表舞台に登場することがありませんでした。

しかし歌声の透明感から、人気が出ました。

「蒲池」という珍しい苗字の歌手の方がもう一人います。

本名・蒲池法子さん、すなわち松田聖子さんです。

姓が「蒲池」ということから、二人は親戚関係にあったのではとの推測がなされましたが、親戚ではなかったとのことです。

2. 坂井泉水さんの妹は

坂井泉水さんの3人兄弟の長女で、妹と弟が1人ずついました。

妹さんの名前は蒲池陽子さん、弟さんは蒲池和明さんと言われています。

しかしこれも確かな情報ではないのです。

お二人とも特に芸能活動はしていないようですから、本人を特定できる情報が入ってきません。

妹さんについて検索されているようですが職業などは不明です。

一方、弟さんについての情報がありました。

レストランのオーナーをしていたとのことです。

しかし、そのレストランは2010年に閉店してしまったそうです。

3. 彼氏はいた? 結婚は?

さて、坂井泉水さんに彼氏はいたのでしょうか。

ZARDとしてデビューする前に、交際していた男性がいたことがわかりました。

出版業界で働く神田樹希さんです。

2007年に神田樹希さんが書いた『僕だけがまだ生きている、その意味を君が教えてよ』という本の中に、坂井泉水さんと交際していたことが記されていました。

しかし二人は結婚するまでにはいたりませんでした。

また坂井泉水さんがデビューした後、音楽プロデューサーの織田哲郎さんとのうわさがたちました。

ですがこれもまったくのガセ情報だったようです。

ですので、坂井泉水さんは結婚したことはなかったと結論づけられます。

4. 亡くなった理由

坂井泉水さんが亡くなるまでにたどった経緯は以下のようなものです。

2006年に子宮頸がんと診断され、子宮全摘出手術を受けています。

その後、がんが肺に転移。慶應義塾大学病院に入院して、治療を受けていたそうです。

そして、不確かな情報なのですが、うつ病にかかっていたとの説もありました。

他人事とは思えませんね。

そして2007年5月26日、病院内のスロープから転落しました。

高さ3メートルでした。後頭部強打による脳挫傷で翌5月27日に亡くなりました。

警察は事故死との見解をとりましたが、「自死」ではなかったのかと憶測を呼びました。

それにしてもわずか3メートルのところから転落して、亡くなってしまうなんて、本当にお気の毒だったとしかいいようがありません。

下がコンクリートだったのでしょうか。

私は坂井泉水さんが亡くなったのはてっきり病死だと思っていました。

事故死だったのですね。

父さん
父さん

本当に大変だったろうな

母さん
母さん

病気と闘っていたのですね

5. メディアに出なかった理由

坂井泉水さんがメディアに出なかった理由は、極度のあがり症だったから、という説がありますが、本当でしょうか。私には疑問です。

坂井泉水さんは、歌手としてデビューする前に、モデルの仕事をしていました。

あがり症の人がモデルなどするでしょうか。

それとも年齢を重ねるにつれて、人前に出ることがいやになったのか。

メディアに出ていれば、もっと人気になったのかな。

それともあえてメディアに出ないことにより、神秘性が高まり、人気がでたとも考えられます。

6. まとめ

以上、坂井泉水さんのプロフィール、妹さん、亡くなった原因などについて説明してきました。

それにしても謎につつまれた方でした。

心からご冥福をお祈りいたします。

あなたがZARDのことを知っているなら、時々音楽を聴いて思いだそう

人気ブログランキングはこちら

コメント