クリスマスに長靴(サンタブーツ)を折り紙で!ツリーに飾ろう

12月

私の子どもは今29歳と27歳ですが、自分の子どもが小さかったとき、クリスマスのお祝いをしたかどうか、記憶にないんですよね。統合失調症の症状かもしれませんが。どうも忘れっぽい。

さて、今日ご紹介するのは、クリスマスのために長靴(サンタブーツ)を折り紙で簡単に作る折り方です。
できあがったら、クリスマスツリーに飾るとよいです。

1.長靴(サンタブーツ)の折り方

ではさっそく折り紙の長靴の折り方について見ていきましょう。今回は赤い色の折り紙を使いますよ。

まず下から半分に折ります。

折り目を開いて、折った線と垂直になるように折り紙をおき、端から少しだけ白い裏がみえるように折ります。

折り紙を裏返しして、上の辺と下の辺を真ん中の折り目に合わせるように折ります。

上側から、真ん中の折り目に従っております。そして、白くふちがみえているところから、大体正方形になるように、折り目をつけます。

今折ったところを開いて、長い辺をその折り目に合わせるようにななめ下に折ります。

折り紙を折ったところを戻し、ななめの折り目にそって、中を開くように折ります。

下の辺を、上に向かって折ります。

折り紙の左側を、真ん中の線にそって折ります。

上の部分を、ちょっとだけ折り、中に入れます。

右上の部分を、両方とも中に折り込みます。

これで折り紙の長靴(サンタブーツ)の完成です。お疲れ様でした。

折り紙をやっていると童心に返りますね。

2.入院していたときのクリスマスの思い出

私は2003年(15年前)に精神科に入院していました。

そのときの、クリスマスの思い出があります。

その病院は、食事のメニューがこっていて、いつもバラエティーに富んだ食事がでていたんですね。
そして、クリスマスの日の夕食。

骨付きの鶏肉を焼いたもの(手羽先よりは大きかったと思う)がでたんですね。
それとデザートに小さなスポンジケーキ。
栄養士さんも、ずいぶんと気の利いたことをなさるんだなあと思いました。

入院していると、一番の楽しみは食事ですからね。同室の人がせっかちで、いつも食事の時間より早く食堂へ行くのです。一緒についていくので、食堂につくのは他の人より早かったです。

3.まとめ

自分が子どもだったころ(50年前)の記憶はかすかにあるんですよね。クリスマスでパーティーをした覚えが。

私は幼稚園児の時に、オルガンをならっていました。
当時、自分の家に電子オルガンがあったんですよね。

それで、クリスマスパーティーのとき、「きよしこの夜」をオルガンでひいたのです。

そのときは、母に手伝ってもらいました。母と二人でオルガンをひいたのですね。
そして、「来年からは、一人でひけるようにならなきゃだめだよ」といわれたことを覚えています。

それから、長靴(サンタブーツ)にお菓子が入っているもの。これを買ってもらいました。うれしかったですね。

長靴(サンタブーツ)の折り方についてはこちらの動画をご覧ください。

「サンタのブーツ」折り紙"Boots of Santa Claus" origami

関連記事>折り紙で星を1枚で簡単に!クリスマスツリーへの飾り付け

関連記事>折り紙でサンタのかわいい人形を作ろう!お手紙も!お子さんにぴったり

○今日の名言

人間のプライドの究極の立脚点は、
あれにも、これにも
死ぬほど苦しんだ事があります、
と言い切れる自覚ではないか。
(太宰治)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

コメント

error: Content is protected !!