統合失調症の診察 おっくう感・不安感・脱力感

診察

私は4週間に一度、精神科に通院しています。今日は診察日です。
久しく診察について書いていなかったので、昨日から今日にかけての心の動きをたどってみました。

1. 診察前日

私は診察前日になると、いつも体調を崩します。

昨日も「おっくう感」に襲われ、「診察行きたくないな、でも行かないと薬もらえないし」と思いました。

「マイナス思考」がいけないことは頭ではわかっているのです。

「プラス思考」でいかなければと。

しかしずるずると深みにはまっていく気分になりました。

それでも睡眠薬を飲んで布団に入ったら、すぐ眠ることができました。

2. 診察日朝

今朝は6時にアラームをセットして、目が覚めて5分だけ布団の中にいて、それから起きました。Twitterのおはようツイートがこちらです。

このツイートに対して、応援してくださる方がいらっしゃいました。

普段特に交流がない方だったのですが、応援してもらってとても心強い思いがしました。

Twitterをやっていて良かった、と感じました。

しかし、それもつかの間。「不安感」に襲われます。

私は頓服で不安時の薬を処方されています。その頓服を飲みました。

3. 病院へ出かける

時間になったので、病院へ出かけました。

昨月と同じ日(19日)だったので、「ビッグイシュー」を販売しているホームレスの方に出会えるかな、と思いましたが、残念ながらいませんでした。

駅発、病院行きの送迎バスの列に並びます。「飴のおばちゃん」に出会いました。

同じ病院へ通院している女性なのですが、なぜかみんなに飴を配るのです。

うーむ、ここは大阪か。いえ、東京です。

4. 診察

そして順番が来て診察です。

「調子はどう?」と聞かれるのに対して、「病院へ来るまでが不安感でいっぱいでした」と答えました。

先生が「どうしてだろうね」とおっしゃったので、「多分出かけるのがおっくうなのだと思います」と答えました。

実際のところ、私が外出するのは近所のコンビニまで。

それも一週間に1度か2度。ほとんど外出せずに過ごしています。

ふだん軽く体操をする程度です。

先生から「不安時の頓服は効いている?」と尋ねられました。

効いているような、いないような、はっきりしませんでしたが、とりあえず「効いてます」と返事をしました。

5. 帰宅まで

帰りの病院の送迎バスまで時間があります。私は家から持参したドリンク剤を飲みました。

バスにゆられて駅まで。本屋と薬屋に寄ります。

自宅の最寄り駅までひと駅。電車を降りて、とぼとぼと歩きます。

いつもなら、診察の終わった日は、足どりも軽く帰宅するのですが、今日は心が鉛色でした。ゆっくり歩きます。

歩いている老夫婦に追い越されます。

いつもなら10分でいける駅までの距離。

今日の帰りは30分かかりました。

なんとも言えない脱力感。

私は以前こんなツイートをしました。

Twitterへのネガティブツイートはなるべく避けるようにしています。

ネガティブな気分でいると、ネガティブなできごとを引き寄せてしまうからです。

6. まとめ

今日は、「よく通院した」と自分で自分をほめてあげたいです。

今週はめずらしく出かける用事がいくつかあります。

今日の分をこなしたのですから、それでよしとしましょう。

また出かける日になったらそのとき考えればいいことです。

参考

統合失調症と不眠 診察で話したこと・聞かれたこと
統合失調症で早朝覚醒に悩まされている方。解決策は、さっさと起きてしまうことです。 その理由は、悩んでいて結局眠れないのなら、起きて活動を始めることの方がよほど合理的だからです。 1.精神科の診察 今週の火曜日は精神科の診察の日でした。...
ポジティブな心でいれば、ポジティブなできごとを引き寄せる

人気ブログランキングはこちら

診察
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!